Virus Security : CD-27 (Rare Studio Tracks 3) 作成:2004年10月26日/更新:2018年2月1日

1. ラジオ上海〜Wipe Out (2004 Remix)#
2. Girl Friend Take1
3. Girl Friend Take2
4. Girl Friend Take3
5. Let's Rock (1st.Release Ver.)
6. Dan Dan (Let's Rock)#
7. Astral Plane
8. Go Fuck
9. Sad Romance (Acoustic Demo)
10. She Broke My Heart's Edge (Alternate Take)
11. I'm Swayin' In The Air (Alternate Take)
12. Good Dreams (Alternate Take)
13. Plum Sour-2
14. Femme Fatale (Alternate Take)
15. φ
16. サイレントマーダー
17. Happy Time
18. Transmission
19. K
20. Secret
Track 5,18 以外は初登場音源 ●印は解散後に発掘された楽曲 #印は初登場Remix Version
1. ラジオ上海〜Wipe Out (2004 Remix) (作曲:Bob Berryhill/Pat ConnollyJim FullerRon Wilson)

 ↑のヴァージョン表記は便宜上ということで。ルースターズが『FUJI ROCK FESTIVAL'04』
(2004年7月30日@苗場)に出演した際にオープニングBGMで流されたもので、安藤広一がRemix。冒頭で新た に 「C.M.C.」が挿入されています。
2. Girl Friend (Take 1) (作詞・作曲:大江慎也)

 未発表テイクの"Take 1"。歌い方もまだ大雑把で、マスター・テイクでは途中から登場するドラムも、このテイクではイントロから入る(余談 :
Rock'n'Roll Gypsiesが2002年7月14日@zepp福岡で、これとほぼ同じドラム・パターンで 演奏した事がある)。
3. Girl Friend (Take 2) (作詞・作曲:大江慎也)

 未発表テイク"Take 2"。Album Versionに近いアレンジになっていますが、ヴォーカル・スタイルが異なり、リード・ギターやコーラスもまだ入っていない。
4. Girl Friend (Take 3) (作詞・作曲:大江慎也)

"Take 3"。ベーシック・トラックはSingle Versionと同一。
リード・ヴォーカルが異なり、コーラスもOFF気味にミックス。
曲後半、ヴォーカルとギターだけのパートが登場。Single Versionではこの部分はカットされている。
5. Let's Rock (1st Release Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 
1982年3月にシングル発売された日本語ヴァージョンですが、問題視された歌詞("○たらず"と"キ○ガイ")が含まれている初回版で収録。初CD化。
6. DAN DAN (Let's Rock) (作詞・作曲:大江慎也)

●基本的にアルバム
『Insane』「Let's Rock(Dan Dan)」と同一テイクですが、今回は編集される前段階の、本来の状態で収録。
●イントロがギターの"ジャーン"ではなく、花田裕之のリード・ギター→ドラムの順で曲が始まる。
ミックスが大 幅に変えられ、安定したバランスに。
7. Astral Plane (作詞・作曲 : Jonathan Richman)

 70年代のアメリカのバンド、
The Modern LoversThe Modern Lovers(1976年)からのカヴァーで、ヴォーカルは花 田裕之。1982年前半の録音と思われます。オ リジナルはラフな印象でしたが、ルースターズ版はベースとドラムの手数が多くなり、シンセサイザーも加えられている。ライヴでは1982年1月からレパートリーに加わり、1983年『DIS.』ツアーまで演奏。

8. Go Fuck (作詞・作曲:大江慎也)

 1982年9〜10月上旬、
『ニュールンベルグでささやいて』制作時に録音されながらお蔵入りとなった、ファンの間では古くから存在が知られていた未発表曲。ミディアム・テンポのスウィートな曲調で、タイトルからも想像付くように、露骨な歌詞で…(苦笑)。ちなみに今回のボックスでは歌詞カード(手書き)のレプリカが付属され、そちらで歌詞の全体を読む事が出来ます。

 ライヴでは1982年6月からレパートリーに浮上。レコーディング期間中の9月から日本語で歌われる(日によって途中で英語に替わる事も)。その後大江慎也入院と共に長年封印され、再び歌われるのはボックス発表以降〜大江慎也ソロ『THE GREATEST MUSIC』発表後の2006年から。The Roosters名義の再演版(2013年10月7,8日@京都磔磔)はライヴDVD『All These Blues』(2014年)に収録。

9. Sad Romance (Acoustic Demo) (作詞・作曲:大江慎也)

 1982年に大江慎也がカセット・テープに録音した弾き語りDemo音源。
「Sad Song」の原曲で、歌詞の内容は大幅に異なる。
10. She Broke My Heart's Edge (Alternate Take) (作詞:大江慎也/作曲:花田裕之)

 
1983年8月、アルバム『DIS』制作時に録音された初期段階別テイク。You broke my heart's egde...」と、歌詞も一部異なる。
11. I'm Swayin' In The Air (Alternate Take) (作詞・作曲:大江慎也)

 1983年8月、アルバム『DIS』制作時に録音された初期段階別テイク。演奏のアレンジはほぼ同じですが、歌詞は大部分異なる。
12. Good Dreams (Alternate Take) (作詞・作曲:大江慎也)

 
1983年8月、アルバム『DIS』制作時に録音された初期段階別テイクで、歌詞・演奏・キー共に異なる。ちなみにボックス付属の歌詞カード(手書き)のレプリカに、このテイクと同じ歌詞が掲載されています。
13. Plum Sour-2
(作曲:井上富雄)

 1983年8月、アルバム『DIS』制作時に録音された井上 富雄作曲の未発表曲。インストゥルメンタルで、ヴォーカルは無し。ギターは右=花田/左=下山。
14. Femme Fatale (Alternate Take) (作詞・作曲:Lou Reed)

 1984年秋、アルバム
『φ』制作時に録音された初期別テイクで、ビデオ『Paranoiac Live』と同じアレンジで演奏。コーラスは下山淳と安藤広一。その後、花田裕之の提案で再録音されたものが『φ』に収録され、こちらはお蔵入りに(註:この別テイクについては雑誌『BEATMAKS』でのインタビューで触れられています)。
15. φ (作曲:花田裕之/下山淳/安藤広一)

 アルバム
『φ』収録の「Venus」の冒頭部分のイ ンストゥルメンタル・パートの全長版(5分26秒)。1984年暮〜1985年3月の『φ』期のライヴではオープニングに、『FUJI ROCK FESTIVAL'04』(2004年7月30日@苗場)の"LAST LIVE"ではクロージングのBGMとして流されていました。

 ちなみにボックスと同時期発売の書籍
『ロッ ク画報(17)』の付録CDでは、ショート・ヴァージョンが収録されていま す。
16. サ イレントマーダ− (Demo) (作詞・作曲:大江慎也)

 アルバム
『φ』期に録音されたと思われる、大江慎也がギターとリズムボックスをバックに歌う1分弱のDemo録音。タイトル通りマーダーな歌詞。
17. Happy Time (Demo) (作詞・作曲:大江慎也)

 こちらも
アルバム『φ』期に録音されたと思われる、大江慎也がギターとリズムボックスをバックに歌う2分弱のDemo録音。SP盤時代のBLUESを彷彿とさせるスライド・ギターが聴ける。
18. Transmission
(作詞:花田裕之,柴山俊之作曲:花田裕之)

 アルバム
『KAMINARI』の初回プレス付録ソノ・シートに収録されていた作品で、後に編 集盤『The Last Half Collection』(1989年)、『Best Songs Collection』(1995年)に収録。
19. K (作曲:花田裕之下山淳/灘友正幸/柞山一彦)

 アルバム
『Passenger』期の録音と思われる未発表曲で、歌詞はなし。間奏では下山淳のギター・ソロが入る。
20. Secret (作曲:下山淳)

 
アルバム『Passenger』期の録音と思われる未発表曲。下山淳が仮歌を入れながら演奏していて、完成しなかったのが惜しい。
DVD 1〜3戻る
web拍手 by FC2
inserted by FC2 system