池畑潤二の音源/参加作品 (Part 1)
◎池畑潤二がルースターズ脱退後に 在籍していたバンドや参加バンドを紹介致します(一部セッション参加を含む)。
[リンク : オフィシャル・サイト]
JUNZI IKEHATA WEBSITE
Facebook : DeeDeeFever
No Stars Innovation / DeeDeeFever
HEATWAVE
山善 & Midnight Special
DANGER・キャデラック 発売日:2004年1月18日 CD: セントラル・C・D・社 scd-1
11.キャデラック 12.Happy Cat Dancing
池畑潤二は1983年にThe Roosters脱退後、 1984年に自身のバンド、"レッドスティック&スペク ターズ"とほぼ同時期に"山善 & Midnight Special"に参加(ベースは穴井仁吉)。1985年にファースト・シングル「キャデラック」をリリース。「キャデラック」はTH eROCKERSやルースターズも取り上げていた名曲。現在ではアルバム『Danger』の再発盤CDに収 録。(参考資料『Eazy On』1985年12月号"総特集・博多ロック"より。/掲載:2008年1月26日)
ゼロスペクター
VERNAL EQUINOX 発売日:1985年12月 CD: J.A.P. Records JPD-409
1.Degenerate
2.Neo Secret Life
3.Lie Lie Lie
4.Apollinaive
5.Can Say Silence
6.Invitation
7.Exactly Gasoline
8.Call Hall
9.Immurator
10.Limited Night
11.Feel Your Breath
12.Blue Lines
(2007年12月8日曲目追記)
DOLDRUMS 発売日:1986年10月25日 CD:EDGE(ALFA) 32XA-96
1.SPEND THE NIGHT
2.INVITATION
3.LIE LIE LIE IV
4.RECOLLECTION
5.HOOLIGAN
6.EXACTLY GASOLINE
7.BLUE LINES
8.GUSHING WITH PASSION
9.HOW ARE YOU GETTING ALONG?
◎アルファ・ レコード傘下のレーベル、Edgeからリリースされたメジャー・デビュー作。打ち込みを多用したポップなサウンドが印象的。このアルバムから3「Lie Lie Lie(Indies Mix)」(ALR-202)がシングル・カットされています。ディレクターとして安藤広一が参加。

(YouTubeより)

EUPHORIA 発売日:1987年4月25日 CD:EDGE(ALFA) 32XA-136
1.Mind comtrol
2.TAKE IT BACK
3.CUTE WITCH
4.TURN ME ON
5.CLEMENTINE
6.NEO SECRET LIFE
7.LONG-HAIRED CHUM
8.EUPHORIA
9.EXCESS
10.
Swinging Party
11.The beginning
◎メジャーか らの2作目で、前作よりもメロディを強調した曲が目立つ。ちなみに2「Take It Back」のプロモーション・ビデオが作成されて いるほか、10「Swinging Party」は当時、共石シェル石油のCMソングに使用されていたそうです。(情報提供:マークさん)
ZERO GENARATION 発売日:1988年3月25日 CD:EDGE(ALFA) 32XA-202
1.PRIVATE VENUS
2.TOKIO BAY DOLLS
3.WHEN YOU GOT TOO MUCH LOVE
4.ONLY THREE DAYS LOVER
5.TABOO
6.ZERO GENERATION
7.GOOD GOO-GOO EYES
8.INTO THE DANCE
9.LIMITED NIGHT
◎1988年 発表のアルバムで、この作品を最後に池畑潤二は脱退。今まで以上にギターとドラムが全面に出ている。ゲスト・ギタリストとして下山淳が参加。9「LIMITED NIGHT」は シングルとしても発売。
池畑潤二が1983年にThe Roosters脱退後、山善のバックを経て1984年4月 にハイヒール十字軍といったバンドのメンバーと"レッ ドスティック&スペクターズ"を結成。翌1985年に"Zerospectre"(ゼロスペクター)と改名、ポートレイト・レーベルから缶入りカセットとミニ・アルバム を発表後、'86年にアルファ・レコードからメジャー・デビュー。
デビュー当時の広告には「フリボラス・ミュージック、つまり異なるダイナマイト&タイトなリズム・セクションの中にポップなメロディとコンピュー ター・ハーモニーをのせていくという、リズム根本のバンドである」と紹介されていました。
 '88年にアルバム
『ZERO GENERATION』発表後に池畑潤二が脱退、残ったメンバーはカッティ ング・エッジと改名して活動。
Early Years 発売日:2005年7月20日 CD:Sony Music Direct MHCL-557〜8
[Disc 1]1.Spend The Night 2.Recollection 3.Hooligan 4.Exactly Gasoline 5.How Are You Getting Along?
6.Clementine 7.Neo Secret Life 8.Euphoria 9.Tokio Bay Dolls 10.When You Got Too Much Love
11.Taboo 12.Good Goo−Goo Eyes 13.Feel Your Breath 14.Call Hal 15.最愛なるもの
[Disc 2]1.Invitation 2.Lie Lie Lie Iv 3.Blue Lines 4.Gushing With Passion 5.Mind Control 6.Take It Back 7.Cute Witch
8.Turn Me On 9.Long Haired Chum 10.Excess 11.Swinging Party 12.The Beginning 13.Private Venus
14.Only Three Days Lover 15.Zero Generation 16.Into The Dance 17.Limited Night 18.Invitation 19.Immurator
20.Limited Nite(Just For One Nite)
"After Math"という企画の一環として発表された2枚組ベスト。メジャー・デビュー後の3作品『Doldrums』(1986年 /Disc 1-1〜5,Disc 2-1〜4)、『Euphoria』(1987年/Disc 1-6〜8,Disc 2-5〜12)、『Zero Generation』(1988年/Disc 1-9〜12,Disc 2-13〜17)全曲に、1985年に製作された"缶入りカセット"からの音源(Disc 1-13〜15,Disc 2-18〜20)を収録。ブックレットには解説書、メンバーの写真等が掲載。ジャケット・デザインは池畑潤二登坂隆之(adm)が担当。(2005年7月21日更新)
No Stars Innovation
WANANA
発売日:1999年6月21日 CD:FAR EAST RECORD FERD-9104
1.密やかなる森
2.キャサリン
3.お月様のかんむり
4.Gloria
5.真実の時
◎1997 年、陣内孝則主演のミュージカル『Buddy (バディ・ホリー・ストーリー)』(1997年10月16日〜11月26日公演)で共演した池畑潤二Keicotを中心にNo Stars Innovationを結成。(当時の)メンバーは池畑潤二(d)高瀬桂子(vo)下山淳(g)、伊東ミキオ(k)、渡辺喜丈(g)、Seela(b/D'ERLANGER)。 翌'98年3月頃にライヴ活動を開始、そして'99年6月にこのミニ・アルバムを発表しています。4はパティ・スミスのヴァージョンでのThemのカヴァー。
 なお、
下山淳は1999年後半に脱退、渡辺喜丈も2001年6月頃に脱退(2007年にDeeDeeFeverのメンバーとして復帰)。その後渡部充一が短期間参加しています。
Heart Man
発売日:2005年6月22日 CD: Universal Gear POCE-3511
1.Heart Man
2.嘘つきピエロ
3.イライラ
4.Hello Baby
5.ジェントル Be
6.ケダモノ
7.悪い渇望
8.クランベリー・ソース・ダンス
9.Mr.ブレイカー

10.最後のワルツ
11.蛇女
12.アイスクリーム
13.Jungle Eliet
◎新ギタリス トに高木克(元Shady Dolls)を迎えて制作された初のフル・アルバム。作詞は全てkeicot(vo)で、作曲はkeicot池畑潤二によるもの(2曲のみkeicot伊東ミキオの共作)。詩の世界観は『Wanana』に通ずるものがあ りますが、演奏はよりビートを強調させたものへと変化しています。4、6、7といったライヴでは以前からお馴染みの曲や、スロー・ナンバーの10、池畑潤二の迫力のあるプレイが聞け る8、12、13辺りが聞き所。
 なお、本作発表後の2006年3月に
Seela(b)が脱退(→D'ERLANGERを再結成)、その後元サンハウスの奈良敏博がサポート・メンバーとし て参加しています。(掲載:2005年6月22日/更新: 2006年12月26日)
新宿ロフト Bootleg 1999
発売日:1999年12月3日 VHS: マクザム MAC-092
◎旧新宿 Loftのドキュメンタリー・ビデオに、「Gloria」の演奏シーンの一部や池畑潤二のコメント等が収録。
DeeDeeFever

Ah-han!!

発売日:2008年10月11日 CD: Dee Dee Fever DDF-001
1. 秘密
2.大逆転
3.Disco
4.ハイテンションデート
5.Mirror
6.Kids Shanpoo
7.Disco (Garden Mix)
2007年、No Stars Innovationのオリジナル・メンバー、keicot(vo)、渡辺喜丈(g)、池畑潤二(d)の3人で結成されたDeeDeeFeverのファースト・アルバム。このCDはライヴ会場で販売中のほか、こちらでも購入可能。(掲載:2008年10月12日/更新:2009年2月23日)

moa:

発売日:2013年2月2日(ライヴ会場先行) / 3月27日(一般発売) CD: Dee Dee Fever DDF-002

1. Bang! Bang! Bang!
2. Heartbreak I Song
3. 光
4. Lollipop Queen
5. Monster Girl
6. Monkey Love
7. あること。
8. Heartbreak I Song (Turbo Mix)
ギターが渡辺圭一(HEATWAVE) にチェンジしてのセカンド・アルバム。ベースレスによるシンプルな楽器編成に、エフェクトを駆使したギターやループ等を融合したパワフルなサウンド。 Keikotさんはサウンドに負けず劣らずのパワフルなヴォーカルを聞かせる(ライヴではさらに演出等が加味されている)。なお、アルバムは2月の九州ツ アーのライヴ会場にて先行発売され、3月27日に一般発売予定。(掲 載:2013年2月4日)
(YouTubeより)

Sion
UNTIMELY FLOWERING
発売日:2002年4月26日 CD:東芝EMI TOCT-24759
1.小さい天使 2.ちょっとでいいんだ 3.青と透明 4.傘いら んかい 5.まだまだ 6.U-UUU-U- 7.流星群
8.雪かもな 9.一瞬 10.俺の手袋 11.チャラ 12.ろくでもない明日にしたくなければ 13.41
池畑潤二井上富雄はこれまでにもSIONのアルバムに参加してきま したが、このアルバムではSION& THE MOGAMIというバンドのメンバーとして参加。池畑潤二は7曲目の「流星群」でアレンジを担当。
SION-YAON 2002 WITH THE MOGAMI 発売日:2002年11月20日 CD:東芝EMI TOCT-24895・96
[Disc 1]1.小さい天使 2.通報されるくらいに 3.午前3時の街角で  4.U-UUU-U- 5.傘いらんかい 6.蛍 7.薄紫 8.タクシー 9.僕の声
(CD-EXTRA)1. 小さい天使 2.新宿の片隅から
[Disc 2]1. ここで 2.一瞬 3.MAYBE 4.ちょっとでいいんだ 5.新宿の片隅から 6.ろくでもない明日にしたくなければ
-encore 7.青と透明〜メンバー紹介 8.41 9.お前がいる 10.砂の城 11.がんばれがんばれ
-encore 12.風来坊 13.このままが
◎2002年 6月30日、日比谷野外音楽堂で行われたライヴを完全収録した2枚組CD。CD-EXTRA仕様で、パソコンで「小さい天使」「新宿の片隅から」の 映像を観ることが出来ます。また、初回盤には40ページのスペシャル・ブックレット付き。
ライブ帝国 発売日:2004年1月28日 DVD: Dreamtime DEBP-13017
1.インタビュー1 2.かわいい女 3.強くなりてぇ 4.元気か? 5.コンクリート・リバー  6.インタビュー2 7.遊ぼうよ
8.ふんだりけったり(自業自得) 9.風来坊 10.インタビュー3 11.通報されるくらいに 12.12月 13.がんばれがんばれ
◎TVKテレ ビに残された貴重なライヴ映像を収録したDVDシリーズのSion編。2〜9は1991年6月10日、川崎クラブチッタでの映像(井上富雄参加)、11〜 13は1999年12月8日、渋谷公会堂でのライヴ映像で、池畑潤二、井上富雄が参加。
(2005年2月26日更新)
東京ノク ターン 発売日:2005年6月8日 CD:BMG Japan BVCH-41002
20th Milestone 発売日:2007年8月8日 CD:Respect Music Japan UGCA-1016
燦 燦と 発売日:2010年10月20日 CD:Baidis TECI-1289
Disc 1「そしてあ・り・が・と・う」に参 加。(掲載:2010年11月15日)
JUDE
DEVIL
発売日:2002年6月26日 CD:SEXY STONES SSR-016
1.DEVIL 2.小屋 3.センチメンタルコーラ
浅井健一のソロ名義になっていますが、浅井健一(g,vo)、渡辺圭一(b)、池畑潤二(d)による新バンド、JUDE(ユダ)の初レコーディング作品(シ ングルです)。
SILVET
発売日:2002年10月2日 CD:SEXY STONES SSR-017
1.シルベット 2.川
◎正式にJUDE名義でリリースされたシン グル。カップリングの「川」はアルバム未収録曲。
Charming Bloody Tuesday 発売日:2002年10月23日 CD:SEXY STONES SSR-018
1.チェリオメアリ− 2.Velvet 3.サンディ 4.チャド  5..Zowie 6.シルベット 7.バスケットロードからの脱出
8.サニーのチョコレート 9.小屋 10.ソファー 11.愛
JUDE名義のアルバムが2枚同時 リリース。
DIRTY ANIMAL
発売日:2002年10月23日 CD:SEXY STONES SSR-019
1.カリブの海賊の宴会 2.Lovely 3.Natural Crazy Horse 4.DEVIL 5.Johnny Sherry
6.チェリーソーダ 7.透明の戦場 8.Joey in my pocket 9.白雪姫 10.DISCO 2002
JUDE名義のアルバムが2枚同時 リリース。ドラムは1〜5、8が池畑潤二、6,7,9,10が椎野恭一が叩いている。
HEATWAVE
Long Way For Nothing 発売日:2004年2月6日 CD:Bm Tunes BMCD1007
1.Still Burning 2.I Have No Time 3.誰も居ない庭 4.Sweet Heart/She's Hurt 5.シベリアンハスキー 6.Free
7.International Holiday 8.夢の底 9.歌を紡ぐとき 10.Born To Die 11.それでも世界は美しい
◎2003年 に活動を再開したHEATWAVE池畑潤二が正式メンバーとして参加。2004年にこのアルバムをリリースしています。
池 畑潤二の音源/参加作品 (Part 2)へつづく戻 る
作成 : 2001年9月28日 /  最終 更新日 : 2014年6月21日
inserted by FC2 system