作成 : 2007年4月20日 / 更新 : 2011年5月9日
ULTIMATE LP BOX〜Biggest Trip〜 発売日:2007年4月4日 LP:Columbia COJA-9224〜35
(写真左)白い外箱に貼られていたステッカー。(写真右)収納ボックスの正面。
Disc 1:『The Roosters』
Disc 2:
『a-GOGO』
Disc 3:『Insane』
Disc 4:『DIS』
Disc 5:『Good Dreams』
Disc 6:『φ』
Disc 7:『Neon Boy』
Disc 8:『Kaminari』
Disc 9:
『Passenger』
Disc 10:
『Four Pieces』
Disc 11
・12:『Four Pieces Live』
特典盤:
『ロージー c/w 恋をしようよ』
Cutting Engineer : 小鐵 徹 (JVC Mastering Center)
BOX DESIGN & ART WORK CO-ORDINATION : 吉村 亮
SPECIAL THANKS : スマイリー原島(SMILY'S)、町田 充(MM Records)、 塚本利満(DOLL)、高阪行順(TIME BOMB)、菊池昌彦

◎2007年4月4日に発表されたルースターズのアナログLPボックス・セット。コロムビアは2006年から同社所属アーティストのアナログ盤の復刻を行っており、このボックスもその流れで製作されたものと思われます。
 ボックスには(12インチ・シングルや編集盤を除いた)全オリジナル・アルバムが収納され、さらにこれまでCDとカセットしか存在しなかった
『Four Pieces Live』を初LP化(2枚組)。さらに特典として、デビュー・シングル『ロージー c/w 恋をしようよ』を封入。


アナログ盤について :
 今回の復刻に際し、新たにリマスタリングとリカッティングが行われています。プレスは東洋化成(http://www.toyokasei.co.jp/)。実際に全アルバムを聴き比べしてみましたが、音質はオリジナル盤LPよりも幾分良くなっていると思います(特に中・低域)。
LPジャケットについて :
●ジャケット・帯・レーベル共に、オリジナル原盤からの複写のため多少ぼやけていたりモアレが発生している部分もありますが(とはいっても、注意深く見ないと分からない。印刷物をスキャニングするとよく起こる現象なので仕方がない)、それを補うため、レーベルのロゴ・マークを鮮明なものに差し替えたり、曲目表記などの文字を新たに(同じ書体を使って)打ち直すことによって、当時発売されていた状態に非常に近い形に再現しています。

●元々帯のなかった『φ』『KAMINARI』『Passenger』『Four Pieces』は、ジャケットを包むビニールの上にステッカーが貼られています(輸入盤LPでよく見かけるシールド状態のもの。たしか別に名称があったような気もしますが・・・)。

●当時のレコード番号、社名、注意書きはすべて現在のものに差し替えられ、カセット・テープの番号はすべて削除されています。
その他、細かい点をいくつかご紹介・・・(他にお気づきの点がございましたらメールでお寄せください)。

Disc 1:『The Roosters』(COJA-9224)
ジャケット: 色合いが表・裏共にオリジナル盤とは異なる(ちょっと分かりにくいかもしれませんが、写真左を参照。上がオリジナル盤、下が復刻盤)。また、網目はオリジナル盤の方が粗く、復刻盤の方が細かい(正確な線数は不明)。表ジャケット右上のレーベルのロゴ・マークは入れ直されています。
帯 : オリジナル盤は青緑(?)でしたが、復刻盤は水色。また、背面にはジューシー・フルーツのアルバムやサンハウスの『Street Noise』の広告が掲載されていましたが、復刻盤では削除されています。
歌詞カード : 歌詞、解説書、メンバーのプロフィール、写真共にオリジナルをほぼ忠実に再現
Disc 2:『a-GOGO』(COJA-9225)
ジャケット: 表ジャケットのレーベルのロゴがぼやけている点を除き、オリジナル盤をほぼ忠実に再現。紙ジャケットCDでは再現されていなかった中袋も含まれています。
音質: リマスターCDでは中・低域を強調したマスタリングになっていましたが、アナログ盤ではシンバルの音がCDよりも鮮明。特に「Sitting On The Fence」「Dissatisfaction」辺りで違いがよく分かると思います。
また、
「Telstar」はオリジナル・アナログ盤ではエンディング部分がレコードの送り溝(ランアウト・グルーヴ)にも収録され、アーム(及レコード針)が自動的に上がらないプレーヤーでかけると音が永遠に続く仕組みになっていましたが、今回のアナログ復刻盤では再現されず(これに関しては色々と制約があるという事を聞いた事があります)。
Disc 3:
『Insane』(COJA-9226)
 
オリジナル盤をほぼ忠実に再現。
Disc 4:
『DIS』(COJA-9227)
ジャケット: ジャケットがやや濃くなり、極細の罫線は表・裏共に消されている。
帯 : 帯は逆に色が薄めで、文字は打ち直されているようです。レコード番号と価格、「テープ同時発売」等の表記は消され、帯上部の白い部分に新たな番号が記載。帯背面に掲載されたディスコグラフィは、レコード番号と発売日が削除され、ジャケットも新しく入れ直されています。
歌詞カード : 歌詞・写真共にオリジナル版をほぼ忠実に再現。
Disc 5:
『Good Dreams』(COJA-9228)
ジャケット: オリジナル盤をほぼ忠実に再現。
帯 : オリジナル盤ではモアレが発生していましたが、復刻盤の方が鮮明。歌詞カードの文字は復刻盤の方が太め。
歌詞カード : 歌詞・写真共にオリジナル版をほぼ忠実に再現。
Disc 6:
『φ』(COJA-9229)
ジャケット: 復刻盤のジャケットはオリジナル盤よりも緑が強め(と思う)。表ジャケットの右上に記載されていた"N・12・21"の表記は削除されています。
歌詞カード : 歌詞・写真共にオリジナル版をほぼ忠実に再現。
Disc 7:
『Neon Boy』(COJA-9230)
ジャケット: 復刻盤のジャケットはオリジナル盤よりも蛍光色がより鮮やかになった印象。
歌詞カード : 歌詞・写真共にオリジナル版をほぼ忠実に再現。
Disc 8:
『Kaminari』(COJA-9231)
ジャケット: オリジナル盤をほぼ忠実に再現。
ステッカー: 表ジャケットに貼られたステッカーの色が濃くなっている。
Disc 9:
『Passenger』(COJA-9232)
ジャケット: 表ジャケットの右上の"BODY"のロゴ・マークがブラックからグレーに変更されている点を除き、オリジナル盤をほぼ忠実に再現。裏ジャケットではバーコードが削除。
Disc 10:
『Four Pieces』(COJA-9233)
 オリジナル盤をほぼ忠実に再現。復刻盤ではジャケット背部分のアーティストとタイトル表記の間にあった緑色のマークが削除され、"/"に変更されている。
Disc
11・12:『Four Pieces Live』(COJA-9234〜5)
ジャケット:  このアルバムのみ今回が初LP化。2枚組ということもありダブル・ジャケット仕様。ジャケットのデザインは・・・箱を開けてからのお楽しみということで、実際に現物を手にとってご確認ください・・・(笑)
 音源は1988年発売当時と同内容&ミックスを採用。CDと聴き比べると、特にヴォーカルは今回のアナログ盤の方が聴きやすいような気がします(あくまで個人的な印象ということで)。
特典盤:『ロージー c/w 恋をしようよ』(TDKL-91989)
 特典盤ということもあり、新規のレコード番号の横に"NOT FOR SALE"のクレジットあり。ちなみにA面は当然ながらシングル・ヴァージョンで収録。

(おまけ:写真左)
 LPボックス発売前にCDショップに配付されたフライヤー(A4版)。裏面にはコロムビアが2007年1月24日にリリース予定のアナログ盤の広告が掲載されている。旧譜は弘田三枝子『ニューヨークのミコ』、チャーリー・パーカー、リー・モーガン、新譜で矢野沙織『Groovin' High』、田部京子、有田正広。(掲載:2011年5月9日)

ゴールデン☆ベストへつづく。
Biggest Trip

戻る
inserted by FC2 system