Collection 1980-1984 (資料提供 : Aさん / 掲載 : 2001年11月13日 / 更新 : 2015年9月22日)
[A面]
1. Rosie (Single Version)
2. 恋をしようよ
3. どうしようもない恋の唄
4. Leather Boots
5. Hey Girl
6. ONE MORE KISS
(Single Version)
7. DISSATISFACTION
[B面]
1.GIRL FRIEND (Single Version)
2.WIPE OUT〜TELSTAR
3.LET'S ROCK(DAN DAN)
(Single Version)
4.GET EVERYTHING (Single Version)
5.THE AIR
6.SAD SONG
(Winter Version)
発売日:1985年7月21日 / LP: COLUMBIA AX-7425 / MT:CAY-1282
大江慎也 (vo,g) 花田裕之 (g,cho) 井上富雄 (b,cho) 池畑潤二 (d/A1〜7,B1〜4) 安藤広一 (k,cho/B5,6) 下山淳 (g/B5,6) 灘友正幸 (d/B5,6)

[主な特徴]

●歌詞 : あり。
●解説書 : なし。
●アーティスト写真 : なし。
●全曲シングル・ヴァージョンで収録。
●未発表音源 : 「Leather Boots」収録。

[初のベスト盤 & シングル集]

 大江慎也の突然の休養から約2ヶ月後の1985年7月に発売された、ルースターズ初のベスト・アルバム。帯には『ルースターズのベスト・シングルス。デビューからの7枚のシングルをシングル・バージョンを中心に収録。初期の未発表テイク「レザー・ブーツ」も含む全13曲入り。ロックファン必携の一枚。』とあり、内容も帯に書いてある通りです(笑)。こまでに発売された"幻の"シングル・ナンバー全曲をシングル・ヴァージョンで収録のほ か、「Leather Boots」が本作で初登場。

[CDについて]

 単独でCD化はされていませんが、本作の拡大版的な2枚組編集盤『BEST SONGS COLLECTION』(COCA-12653→4/1995年)に全曲が収録されています。

[Side A]
1.Rosie (Single Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 シングル・ヴァージョン。アルバムよりも短く編集され、ヴォーカルにディレイがかけられている。


2.恋をしようよ (作詞・作曲:大江慎也)

 アルバムと同一テイク。


3.どうしようもない恋の唄 (作詞:南浩二/作曲:大江慎也)

 
アルバムと同一テイク。

4.Leather Boots (作詞・作曲:大江慎也)

 本作で初登場の未発表曲。1981年1〜2月頃にかけてアルバムTHE ROOSTERS à-GOGO用 に録音されながらもお蔵入りになっていたもの。ライヴでは1980年11月のレコード・デビュー時から頻繁に演奏され、歌詞やタイトルを少しずつ変更し、 最終的にこのスタジオ版の形に。解散後もRock'n'Roll Gypsiesをはじめ花田裕之"流れ"、大江慎也のソロ・ライヴ等で長きにわたり演奏され続け、プロ・アマ問わずライヴでカヴァーされる事が多い人気曲。ちなみにイントロとアウトロのリード・ギターが大江、間奏のギター・ソロが花田。

ヴァージョン/テイク違い:

a : Take 1

 ↑の表記はボックス・セットより。恐らくプリプロ段階のテイクと思われるもので、大江は終始低い声で歌っている。
(収録作品)

『Official Perfect Box "Virus Security" Sub Over Sentence.』
(2004年/Box Set)

b : Take 2

 ↑の表記はボックス・セットより。テイク自体はベスト盤で聴けるものと同一ですが、ヴォーカル・パートが異なるほか、リバーブもかけられていないドライなミックス。
(収録作品)

『Official Perfect Box "Virus Security" Sub Over Sentence.』
(2004年/Box Set)

c : Studio Version

 ↑はどう表記していいか判らないので(笑)とりあえずって事で。一般的に流通しているスタジオ・ヴァージョンで、bとはヴォーカル・パートが異なる。
(収録作品)
『Collection 1980-1984』(LP: COLUMBIA AX-7425/1985年)
『THE ROOSTERS+à-GOGO』(CD:COLUMBIA 30CA-1779/1987年)

『Best Songs Collection』(CD: COLUMBIA COCA-12653→4/1995年)
『THE ROOSTERS à-GOGO』(CD:TRIAD COCP-50259/2000年紙ジャケ)

d : Live Version (1980/?)

 レコード・デビュー前後の1980年秋頃と思われる、新宿LOFTのライヴ・テイク(正確な日時は不明)。ここで聴けるものが初期段階のようで、歌詞も所々に違いが。
(収録CD)

『ALL ABOUT SHINYA OHE VOL.2』(1992年)

e : Live Version (1980/11/19)

 レコード・デビュー直後の1980年11月19日@福岡80'S FACTORYでのライヴ・テイクで、モノラル・ライン録音。d同様に歌詞が初期段階で、井上のベース・ラインや大江のギター・プレイも他のテイクとはやや異なる。
(収録CD)

『Official Perfect Box "Virus Security" Sub Over Sentence.』(2004年/Box Set)

f : Live Version (1981/7/14)


 
1981年7月14日@渋谷Eggmanでのライヴ・テイク(2回目より)。ちなみにギターは右=花田、左=大江。ちなみにイントロ&アウトロのフレーズは共に花田がプレイ。
(収録CD)

『LOFT 1981』(1989年)
『Legendary Live 80'S』(1993年)
『Legendary Live 80's Factory』(1995年)

『THE BASEMENT TAPES〜SUNNY DAY Live At Shibuya Eggman 1981.7.14』(2003年)

g : Live Version (1981/9/19)

 1981年9月19日@池袋文芸 坐ル・ピリエでのライヴ・テイク(ステレオ・ライン録音)。冒 頭で大江が「うあぁ〜みんな〜っ!!あ〜あ〜あ〜っ!! ノッてるかぁ〜っ!!(≧▽≦)/」とハイテンションで叫んでいる(ルースターズでこういうMCは極めて珍しい)。演奏がスリリングな反面、(マイクがず れたか何かで)ヴォーカルが所々遠くなっているのが唯一惜しい。
(収録CD)

『Official Perfect Box "Virus Security" Sub Over Sentence.』(2004年/Box Set)

h : Live Version (1981/9/20)

 1981年9月20日@池袋文芸 坐ル・ピリエでのライヴ・テイク(ステレオ・ライン録音)。これは極めて珍しい&意外なテイクで、ギター・リフがThemの「I Can Only Give You Everything」に変更され、ヴォーカルも抑え気味に歌っている。
(収録CD)

『Official Perfect Box "Virus Security" Sub Over Sentence.』(2004年/Box Set)

i : Live Version (2004/7/26)

 2004年7月26日@新宿 LOFTでのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『RE・BIRTH II』(2005年)

j : Live Version (2004/7/30)

 2004年7月30日@新潟県苗場で行われたFuji Rock Festival'04でのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『RE・BIRTH II』
(2005年)

k : Live Version (2009/12/29)

 2009年12月29日@福岡サ ン パレスでのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『IN THE MOTION』(2010年)

l : Live Version (2013/2/16)

 2013年2月16日@福岡サン パレスでのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『eating house』(2013年)

m : Live Version (2013/10/7)

 2013年10月7日@京都磔磔 でのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『All These Blues』(2014年)

n : Live Version (2013/10/8)

 2013年10月8日@京都磔磔 でのライヴ・テイク。
(収録DVD)

『All These Blues』(2014年)
5.Hey Girl (作詞・作曲:大江慎也)

 1981年2月に発表されたセカンド・シングル「どうしようもない恋の 唄」のB面で、オリジナル・アルバム未収録。ちなみにアルバムI'm a King Bee(1999年)には初期テイクが収録されているほか、ヴォーカルの異なる別ヴァージョンが複数のCDに収録。


6.One More Kiss (Single Version) (作詞:大江慎也/英語詞:Mary Alexander/作曲:大江慎也)

 シ ングル・エディット・ヴァージョン。アルバムTHE ROOSTERS à-GOGOとは異なり、途中でフェイド・アウトします。


7.Dissatisfaction (作詞・作曲:大江慎也)

 
アルバム
THE ROOSTERS à-GOGOと同一テイク。
[Side B]
1.Girl Friend (Single Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 セカンド・アルバムTHE ROOSTERS à-GOGO収録テイクとは異なるシングル・ヴァージョン。


2.Wipe Out (作曲:J.Fuller,B.Berryhill,R.Wilson,P.Connolly)〜Telstar (作曲:Joe Meek)

 「Girl Friend」のB面に収録されていた2曲のカヴァーをメドレー化したもの。ただしTHE ROOSTERS à-GOGO収録版とは別ミックス。


3.Let's Rock(Dan Dan) (Single Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 映画爆裂都市の挿入歌としてシングル・カットされた日本語ヴァージョン(アルバムINSANEでは英語)。日本語版は2種類あり、最初のヴァージョンは歌詞の「○たらず」「キ○ガイ」が問題となり回収。ここに収録されているのは「さび頭」「フリークス」に修正されたヴァージョン。


4.Get Everything (Single Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 前出のB面で「We Wanna Get Everything」の日本語ヴァージョン(アルバムINSANEでは英語)。


5.The Air (作詞・作曲:大江慎也)

 「I'm Swayin' In The Air」をシングル・カットの際にタイトルを短縮。テイクはアルバ ムDISと同一。


6.Sad Song (Winter Version) (作詞・作曲:大江慎也)

 "Winter Version"と称されているシングル・ヴァージョン。曲が短く編集され、それに伴い歌詞の一部もカット。ヴォーカルは新たに歌い直されています。

『SOS』へ移動。
Menuヘ戻る
inserted by FC2 system