FOUR PIECES (作成:2000 年7月9日/更新:2012年1月16日)
1. GUN CONTROL (作 詞・作曲:花田裕之)
2. 再現出来ないジグソウ・パズル (作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)
3. 鉄橋の下で (作詞:PANTA/作曲:下山淳)

4. LAND OF FEAR (作詞・作曲:Julian Cope)
5. (Standing at)THE CROSS ROAD (作詞・作曲:花田裕之)
6. EVERYBODY'S SIN (作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)
7. NAKED HEAVY MOON (作詞:柴山俊之/作曲: 下山淳)
8. 曼陀羅 (作詞:PANTA/作曲:下山淳)
9. LADY COOL (作詞・作曲:花田裕之)
10. 予言者 (作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)
花田裕之(Vocal,Guitars) 下山淳(Vocal, Guitars) 三原重夫(drums) 穴井 仁吉(bass)
Guest:ホッピー神山(Keyboards,chorus) Sion(Blues Harp) Hitoshi Watanabe(Cello)
発売日:1988年5月1日
LP:BODY AF-7484
CD:BODY 32CA-2277(初盤)
CD:BODY CA-4091
(再発盤/1989.12.10.)
CD:BODY COCA-12141
(Q盤 /1994.11.21.)
CD:TRIAD COCA-50761
(紙ジャケット /2003.9.10.)
Produced & Arranged by The Roosterz
DirectedBy Kozo Watanabe
Recorded &Nixed By Shuji Yamaguchi(Super Studio)
Second Engineers:Atsuo Akabae,LLi Chung Sil
Recorded At Sound City Stidios,Columbia Stidios,in Feb,~March,1988
Mixed At Columbia 3st
Executive Producers:Takuo Morikawa,Masahiro Hidaka(SMASH)
Artist Management:Daihachi Ogawa(SMASH)
Art Direction:Yusaku Sato(clip house)
Creative Producer:Takeshi Yamaguchi(clip house)
Inner Photograph:Yoshihito Yamauchi
Co-ordinated:Kiyomitsu Mihara
Special Thanks to Panta,Toshiyuki Shibayama,Gen-Ichi Kitami,Kazuhiko Hasegawa,
Second Line:Akira Kuwabara,Masami Suzuki
Station Argency:Andy Woolliscroft,Julian Cope
Yasunori Ishi(Flying Dog Service),Ken-Ichi Takahashi,Hidetoshi Kinoshita,Pearl
Drums,Maxon,Greco

[最終型ルースターズ]

◎前作
『Passenger』発表後のツアー終了後の1987年11月、灘友柞山が脱退。替わって元ローザ・ルクセンブルグ三原重夫ベースに元TH eROCKERS穴井仁吉(直前まで九州でビデオ・ レンタル屋の店長をやっていたらしい)、が参加。再スタートを切ったルースターズでしたが、実はレコーディング前に解散は決定していたらしく、スタジオ録 音としては最後の作品になります。終末感も漂わせながらも余裕のある力強い演奏が聴けるほか、優れたナンバーも多く、その殆どが解散後も元メンバーがライ ヴで再演しており、花田時代のアルバムの中では間違いなく名盤。オリコン・チャート最高第71位を記録。
花田裕之 : 昨年パリに行った頃から感じ始めた事 があって・・・・”ルースターズとして活動していくよりも、ルースターズというものから離れて、自分が何をやるのか、何ができるのか見てみたい”と。そし てその為にも(活動にピリオドを打つ為に)最後のアルバムを創ろうと思ったんです。今は自分の”家”みたいな存在のルースターズから出ていく時期だと思う んだ。解散というよりは、活動停止という感じ。時が経って、また今のメンバーで何かの物を創ってみたいし、その為にもピリオドが必要なんだ。

 解散するのにこんな事言うのもなんだけど、今のメンバーの状態は今まで1番ドライヴ感を感じるし、みんなこのツアーを楽しみにしています。今後の活動に ついては未定としか言えません。具体的なものが見えてきたらみんなに知らせていきます。今までルースターズを応援してくれた全ての人に最後のツアーを贈り ます。(
雑誌『EAZY ON』より抜粋。 情報提供=マークさん)
LPについて
 元々帯はなく、前作同様にジャケットを薄いビニールでパックし、その上から小さなシールが貼られて いました(当時輸入盤のアナログ盤もこういったスタイルのものが多くありました)。また、アナログ盤とCDでは表ジャケットの書体、タイトルとバンド名が 書いてある位置も異なっています。メンバーの写真もCDでは裏ジャケットにモノク ロ写真が掲載されていましたが、アナログ盤では歌詞カードに見開きでカラー写真(CDとは別ショット)が掲載されています。
小ネタ : アナログ盤に封入されていたアンケートはがきをレコード会社に送ると、抽選100名に「ルースターズ・スタッフ・T・シャツ」が貰えたらしい。

CDについて
a:BODY 32CA-2277
 
1988年5月1日発売の初盤CD。表ジャケットの書 体、メン バーの写真など、アナログ盤との違いが見受けられます。
b:BODY CA-4091
 
1989年12月10日発売の再発盤。トレー内のイン ナー・カードの書体等、若干の変更かがあります。特に貴重視はされていませんが、中古市場ではあまり見かけない。
c:BODY COCA-12141
 
1994年11月21日に"CD文庫1500"という廉価版のシリーズで再発売。帯の裏に短い解説文が掲載され、透明のプラ・ケースにジャケットと帯のみなのが特徴で、イ ンナー・カードはカットされています。某古本屋の中古CDコーナーでは稀に定価以上の値で売られている場合がありますのでくれぐれもご注意を。
d:TRIAD COCA-50761
 2003年9月10日にデジタ ル・リマスター、紙ジャケット仕様で再発売。シール、歌詞カードともにアナログ盤のデザインをもとに再現されています。

1.GUN CONTROL (作詞・作曲:花田裕之)

 オープニングに相応しい、疾走感溢れたヘヴィー・サイケデリック・ナンバー。ルースターズ解 散後も花田裕之のソロやRock'n'Roll Gypsiesのライヴで再演されています。

(YouTubeより)


🔵 Rock'n'Roll Gypsies(花田裕之/下山淳/池畑潤二/市川勝也)による「GUN CONTROL」(2007年3月4日@大阪)。


2.再現 出来ないジグソウ・パズル(作 詞:柴山俊之/作曲:下山淳)

 下山淳と柴山俊之の作品。解散を意識してかは定かではありませんが、柴山俊之による歌詞がな んとも意味深。この曲も後にRock'n'Roll Gypsiesのライヴで再演されており、ライヴ盤『Same Old BackBeat』(RRG-0001/2007年4月発表)にも収録されています。

小ネタ : 「LADY COOL」とのカップ リングでアナログ盤のプロモ・シン グル(ジャケットは文字のみ)が存在する。

(YouTubeより)

🔵 1988年7月22日@渋谷公会堂でのライヴ映像より。


3.鉄橋 の下で(作詞:PANTA/作曲:下山淳)

 下 山淳の作品で、アコースティック・ギターを全面に打ち出した音作りで、アルバムの中でも一際目立つ 作品になっています。作詞は頭脳警察PANTAによるもので、レコーディングではSIONがブルース・ハープで参加。
 また、
花田裕之が1995年に発表したシングル「LOVE HURT」のカップリングにライヴ・ヴァージョンが収録されているほか、Rock'n'Roll Gypsiesや下山淳のソロ・ライヴでも再演されています。


4.LAND OF FEAR (作詞・作曲:Julian Cope)

 80年代に活躍していたジュリアン・コープの作品。VOXオルガン風のサウンドが全体を覆っ た、非常にゆったりとしたサイケデリック・ロック。ジュリアン・コープのヴァージョンはアルバム『Fried』(英Mercury/532 370-2)に"EXTRA TRACKS"として収録。


5.(Standing at)THE CROSS ROAD(作詞・作曲:花田裕之)

 花田裕之によるアップ・テンポのロックン・ロールで、The Rolling Stonesのヴァージョンの「恋をしようよ」の影響が伺える作品。


6.EVERYBODY'S SIN (作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)

 下山淳作詞・作曲・ヴォーカルのサイケデリックな作品。イントロのチェロと皮肉に満ちた歌詞 が印象的。後に下山淳のソロ・ライヴでも数回演奏されています。

追記 : この曲ではゲストとして、セッション・ベーシストとして知られる渡 辺等がチェロで参加。下山淳とは後の2008年、沢田研二がNHKの音楽番組『SONGS』に出演した際にバック・ミュージシャンとして再び共演 しています。(掲載:2009年3月25日)


7.NAKED HEAVY MOON (作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)

 下山淳の作曲、柴山俊之作詞のハード・ロック・ナンバー。歌詞カードのクレジットによります と、最初のギター・ソロが花田、次が下山となっています。この曲も後にRock'n'Roll Gypsiesのライヴで再演されています。


8.曼陀 羅 (作詞:PANTA/作曲:下山淳)

 これも下山淳の作品で、作詞はPANTA。アルバム中最もサイケデリック度 が強く、間奏でのアコースティック・ギター・ソロが強烈。後に下山淳のソロ・ライヴでも数回演奏されています。


9.Lady Cool (作詞・作曲:花田裕之)

 花 田裕之の作品。後のソロ・アルバムでも垣間見れる、70年代前半のニール・ヤングバッドフィンガー辺りに通ずる曲調 で、ファンの間でも特に人気の高い名曲。ギター・ソロは間奏が花田、曲後半部分が下山。90年代後半以降、花田裕之のソロ・ライヴや ROCK'N'ROLL GYPSIESのライヴでも再演されています。


10.予 言者(作詞:柴山俊之/作曲:下山淳)

 下 山淳の作品。70年代中期のトッド・ラングレンを思わせるコー ド・パターンや、これまでの作品には見られなかった分厚いコーラスが印象的。下山淳とは直後にラエ ルを結成する事になるホッピー神山がキーボードで参加。この曲はライヴでは演奏されていないようです。

『FOUR PIECES LIVE』へつづく。
Menuヘ戻る

おまけ:投票コーナー→



inserted by FC2 system