Shazam (Deluxe Expanded Edition)

・Roy Wood(Vocals,Lead Guitar)
・Carl Wayne (Lead Vocals)
・Bev Bevan (Drums,Percussion,vocals)
・Rick Price (Bass,vocals)
・Trevor Burton (Bass, vocals Tracks 8,10,11 & 14/Lead Guitar Track 12)
・Nicky Hopkins (Piano Tracks 8,10 & 11)
・Dave Morgan (Guitar Tracks 12 & 13)
・Richard Tandy (Bass Track 12/Harpsichord Track 14)
・Tony Visconti (Bass Track 2/Recorders Track 8)
Strings and Woodwind Arrengements by
Tony Visconti
Produced by
Roy Wood,Carl Wayne,Rick Price in conjunction with Gerald Chevin
Recorded at Advision Studios
Original Cover Design by
Mike Sheridan (NICKLEBY)
Original Cover Photo by
Alec Byme London Photo Aency
Release : 2007.8.
CD : (UK)Salvo/Fly Recirds SALVOCD-012
[Shazam]
1.Hello Susie
2.Beautiful Daughter
3.Cherry Blossom Clinic Revisited
4.Fields Of People
5.Don't Take My Baby Blue
6.The Last Thing On My Mind

[Bonus Tracks]
7.This Time Tomorrow
8.A Certain Something
(Stereo Mix)
9.Curly
(Alternate Mix)
10.Wild Tiger Woman
(Stereo Mix)
11.Omnibus
(Full-length Version)
12.That Certain Something
(Demo Version)
13.This Time Tomorrow
(Demo Version)
14.Blackberry Way
(Alternate Mix)
Project management for Fly Records : Ronen Guha
Project management for Salvo & Union Square Music Ltd : Chas Chandler
Project coordination,compilation & archive research : Rob Caiger
Stereo mixes by : Rob Keyloch@Church Walk Studio
Remastered by : Nick Robbins & Rob Keyloch@Sound Mastering Ltd.
Tape transfers from analogue : Rob Keyloch@Church Walk Studio
Tape reserch : Rob Caiger,Katy Jones,Margaret Fraser,
with special thanks to Bill Inglot, & Bill Levenson
Liner notes : Mark Paytress
Artwork & Design : Rachel Gutek @ guppyart
Photographs courtesy & copyright of the members of The Move except: Brian Moody / Rex Features Limited (Left outer digi panel)
EMI Records (page 2) Ivan Keeman / Redferns (page 6-7) LFI (page 10)
2007年8月にイギリスのSalvo(Union Square Music内のレーベル)から発売された、アルバム『Shazam』の"Deluxe Expanded Edition"版CDで、ジャケットは3面開きの紙ジャケット仕様(オリジナルLPジャケットの再現というわけではないです)。ブックレットにはライナー・ノーツや写真が掲載。音源はリマスターされヒス・ノイズも低減、従来盤よりも向上していると思います。
[1〜6 Shazam]
1〜6はセカンド・アルバム『Shazam』から全曲を収録。従来盤のCDとの違いは、「Beautiful Daughter」のチャプターの位置が会話からではなく演奏からスタートするように変更され、「Don't Take My Baby Blue」の冒頭部分(演奏が一旦停止する)が初めてCDに収録されています。
[Bonus Tracks]
7.This Time Tomorrow
(Dave Morgan)
 アルバム未収録のシングル・ナンバー。(→Singles (Part 1)を参照)

8.A Certain Something (Dave Morgan) (Stereo Mix)
 アルバム未収録のシングル・ナンバーで、初登場のステレオ・ミックス。理由は定かではありませんが、曲名が「Something」から「A Certain Something」に変更されている。イタリア語ヴァージョン同様に、シングル・ヴァージョンよりもピッチが高めで、30秒程フェイド・アウトが長い。 (→Singles (Part 1)を参照)

9.Curly (Roy Wood) (Alternate Mix)
 アルバム未収録のシングル・ナンバー。CDには"Alternate Mix"とクレジットされていますが、シングル用のヴァージョンを疑似ステレオ処理したもの。 (→Singles (Part 1)を参照)

10.Wild Tiger Woman (Roy Wood) (Stereo Mix)
 アルバム未収録のシングル・ナンバーで、初登場のステレオ・ミックス。モノラル・ミックスよりもフェイド・アウトが長い。 (→Singles (Part 1)を参照)

11.Omnibus (Roy Wood) (Full-length Version)
 アルバム未収録のシングル・ナンバーで、初登場のステレオ・ミックス。"full-length version"とクレジットされており、従来のヴァージョンよりも10秒近く長い。 (→Singles (Part 1)を参照)

12.That Certain Something (Dave Morgan) (Demo Version)
 初登場のDemo Version。タイトルは何故か「That Certain Something」となっている。クレジットによると、Trevor Burtonがリード・ギター、Dave Morganがギター、Richard Tandyがベースで参加。レコードのテイクにはないTrevor Burtonのリード・ギターが聞き所。

13.This Time Tomorrow
(Dave Morgan) (Demo Version)
 初登場のDemo Version。こちらはカール・ウェインがリード・ヴォーカル。こちらもDave Morganがギターで参加。 

14.Blackberry Way
(Roy Wood) (Alternate Mix)
 アルバム未収録のシングル・ナンバー。CDには"Alternate Mix"とクレジットされていますが、フェイド・アウトの早いヴァージョンを疑似ステレオ処理したもの。
このミックスは下記のCDでも聴くことができます。 (→Singles (Part 1)を参照)
Roy Wood『The Definitive Album...』((Sweden)BR Music BRCD 50)

Shazam (Deluxe)

戻る
inserted by FC2 system