The Monkees (作成:2001年/更新:2014年7月2日)  web拍手 by FC2
The Monkees (恋の終列車) (1966)

MASTERS OF POP BEST COLLECTION 1000:恋の終列車

1.(Theme From) The Monkees
2.Saturday's Child
3.I Wanna Be Free
4.Tomorrow's Gonna Be Another Day
5.Papa Gene's Blues
6.Take A Giant Step
7.Last Train To Clarksville
8.This Just Doesn't Seem To Be My Day
9.Let's Dance On
10.I'll Be True To You
11.Sweet Young Thing
12.Gonna Buy Me A Do
[1994年盤CDボーナス・トラック]
13.I Can't Get Her Off My Mind (Early Version)
14.I Don't Think You Know Me
(Alternate Version)
15.(Theme From) The Monkees
(Early Version)
●The Monkeesは1966年、米NBCテレビのシリーズものの ショー中に登場するバンドとして、オーディションで集められたメンバーによって結成。メンバー (キャスト)はデイヴィー・ジョーンズ(vo)、ミッキー・ドレンツ(vo,d)、マイク・ネスミス(g,vo)、ピーター・トーク(b,k,vo)の4人。

 当初はあくまでテレビ・ショー(コメディ・ドラマ風)の企画でしたが、番組開始直前に発売されたデビュー・シングル7
「恋の終列車」が全米ナンバー・ワ ン・ヒット、その波に乗りこのデビュー・アルバムを発表しています。"アメリカ版ビートルズ"的なイメージで寄せ集められたメンバーが、専属ライターが 作った曲を(あらかじめ用意されていたオケをバックに)歌い、それを 番組内で演奏(マイム?)するという感じで、"作られたアイドル・グループ"というイメージが現在でも偏見を持たれがちですが、曲自体はどれも優れたもの ばかりで、無視するには惜しい要素が詰まっているような気がします。

 大半の曲は
トミー・ボイス&ボビー・ハートによるもので、イントロのギ ター・リフ一発でOKなヒット曲7「恋の終列車」や、Dave Clark Fiveのサウンドをモチーフにしたといわれている番組のオープニング・テーマ曲1「モンキーズのテーマ」デイヴィー・ジョーンズが歌う フォーク調のバラード3「I Wanna Be Free」、後にBreadのメンバーとして成功を 収めるDavid Gatesの2「Saturday's Child」辺りがオススメ。10はタイト ルこそ違いますが、The Hollies「Yes I Wil」と同じ曲。また、5「Papa Gene's Blues」や、カントリーとサイケデリックが混ざりあったような11「Sweet Young Thing」(マ イク・ネスミスジェ リー・ゴフィン&キャロル・キングによる共作。ピー ター・トークがギターを演奏)という、メンバーによる作品が含まれている点にも注目したいところ。

CDに ついて
『The Monkees』((日)Arista/BMGビク ター BVCA-2048)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。ジャケットは米盤オリジナルとは異なる、日本独自のジャケットで復刻(上記写真)。また、下記に 紹介する米Rhino盤とはミックスが異なる曲がいくつか含まれており、2
「Saturday's Child」、4「Tomorrow's Gonna Be Another Day」、6「希望を胸に」はモノラル・ミックスで収録、8「今 日は不利」はフェイド・アウトが約10秒長いヴァージョンで収 録。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『The Monkees』((米)Rhino R2 71790/(日)east west japan AMCY-780)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。
日本盤は歌詞・解説書付き。
『恋の終列車』((日)Werner Music Japan WPCR-27838)
 2013年9月に定価1,000円で発売された日本盤CD。音源は2013年デジタル・リマスター。ボーナス・トラックはなし。歌詞・解説書付き。(掲載:2001年/更新:2014年7月2日)

The Monkees (Deluxe Edition) (2006)

恋の終列車【40周年アニバーサリー・エデョション】

[Disc 1:The Original Stereo Album]
1. (Theme From) The Monkees
2. Saturday's Child
3. I Wanna Be Free
4. Tomorrow's Gonna Be Another Day
5. Papa Gene's Blues
6. Take A Giant Step
7. Last Train To Clarksville
8. This Just Doesn't Seem To Be My Day
9. Let's Dance On
10. I'll Be True To You
11. Sweet Young Thing
12. Gonna Buy Me A Dog
(Bonus Material)
13. (Theme From) The Monkees (Second Recorded Version)
*
14. The Kind Of Girl I Could Love (Alternate Mix)
#
15. I Don't Think You Know Me (Micky's Vocal)
16. So Goes Love
17. Papa Gene's Blues (Alternate Mix)
#
18. I Can't Get Her Off My Mind
19. (I Prithee) Do Not Ask For Love (Alternate Mix)
#
20. Gonna Buy Me A Dog (Backing Track)
#
21. Monkees Radio Spot
*
[Disc 2:The Original Mono Album]
1. (Theme From) The Monkees*
2. Saturday's Child*
3. I Wanna Be Free*
4. Tomorrow's Gonna Be Another Day*
5. Papa Gene's Blues*
6. Take A Giant Step*
7. Last Train To Clarksville*
8. This Just Doesn't Seem To Be My Day*
9. Let's Dance On*
10. I'll Be True To You*
11. Sweet Young Thing*
12. Gonna Buy Me A Dog*
(Bonus Material)
13. Kellogg's Jingle
*
14. All The King's Horses
15. You Just May Be The One (TV Version)
16. I Wanna Be Free (Fast Version)
17. I Don't Think You Know Me (Mike's Vocal)
18. I Won't Be The Same Without Her (Original Mono Mix)
#*
19. Propinquity (I've Just Begun To Care) (Demo Version)
#*
20. (Theme From) The Monkees (TV Version)
*
# Previously Unissued Recording (未発表音源) * Mono
デ ビューから40年が経った 2006年にはファースト・アルバムのCD2枚組デラックス・エディションがリリースされています。Disc 1にアルバムのステレオ盤+ボーナス・トラック、Disc 2にアルバムのモノラル盤+ボーナス・トラックを収録。パッケージはデジ・パック仕様で、ブックレットにはライナー・ノーツ、写真、収録曲のデータ(録音日や参加ミュージシャン等)を掲載。データ部分ではセッション・ミュージシャン(グレン・キャンベルやハル・ブレイン等)に 混ざってピーター・トークがギタリストとしてクレジットされている曲も。日本盤はアメリカ盤に帯と日本語ブックレット(英文ライナーの翻訳、歌詞・対訳) を付けた仕様で発売。(掲載:2014年7月2日)
More Of The Monkees (1967.1)

モア・オブ・ザ・モンキーズ

1.She
2.When Love Comes Knockin' (At Your Door)
3.Mary,Mary
4.Hold On Girl
5.Your Auntie Grizelda
6.(I'm Not Your) Steppin' Stone
7.Look Out (Here Comes Tomorrow)
8.Kind Of Girl I Could Love
9.Day We Fall In Love
10.Sometime In The Morning
11.Laugh
12.I'm a Believer
[1994年盤CDボーナス・トラック]
13.Don't Listen to Linda (Alternate Version)
14.I'll Spend My Life With You
(Alternate Version)
15.I Don't Think You Know Me
(Alternate Mix)
16.Look Out (Here Comes Tomorrow)
(Alternate Version)
17.I'm a Believer
(Alternate Version)
1967 年1月に発売されたセカン ド・アルバム(全米第1位)。収録曲はどれもテレビ番組用を前提に録音されたものでしたが、メンバーの知らないうちに発売されていたとか・・・。番組の視 聴率も上がり、シングルやアルバムがヒットした影響で、それまでテレビの中の架空のバンドだった彼等が、この頃には実際にコンサート・ツアーを行うように なります。
 で、スタッフ主導によって製作された本作、メンバーの意思に反して内容は前作以上に粒ぞろいで、ボイス&ハート以外のライターの曲も増えていま す。
マイク・ネスミス作曲による3「Mary, Mary」、後にSex Pistolsミッシェル・ガン・エレファントも カヴァーしたガレージ・パンクの名曲6「(I'm Not Your)Steppin' Stone」(ボイス&ハート作)、フォーク・ロックの10「Sometime In The Morning」(ジェリー・コフィン&キャロル・キング作)、後にロバート・ワイアットもカヴァーし た12「I'm A Believer」(全米第1位/ニール・ダイヤモンド作)等がオススメ。

CDに ついて
『More Of The Monkees』((日) Arista/BMGビクター BVCA-2048)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。下記に紹介する米Rhino盤とはミックスが異なる曲がいくつか含まれており、1
「彼女」はオルガンが右チャンネルに入っている別ミックス、3「Mary,Mary」はフェイ ド・アウトが長く、4「Hold On Girl」7「Look Out (Here Comes Tomorrow)」はエコー がかけられた別ミックス。10「Sometime In The Morning」はリード・ヴォーカルがダブル・トラッ クになっている。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『More Of The Monkees』((米) Rhino R2 71791/(日)east west japan AMCY-801)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。
日本盤は歌詞・解説書付き。
『モア・オブ・ザ・モンキーズ』((日) Werner Music Japan WPCR-27839)
 2013年9月に定価1,000円で発売された日本盤CD。音源は2013年デジタル・リマスター。ボーナス・トラックはなし。歌詞・解説書付き。(掲載:2001年/更新:2014年7月2日)

More Of The Monkees (Deluxe Edition) (2006)

モア・オブ・ザ・モンキーズ【40周年アニバーサリー・エディション】

[Disc 1:The Original Stereo Album]
1. She
2. When Love Comes Knockin' (At Your Door)
3. Mary,Mary
4. Hold On Girl
5. Your Auntie Grizelda
6. (I'm Not Your) Steppin' Stone
7. Look Out (Here Comes Tomorrow)
8. Kind Of Girl I Could Love
9. Day We Fall In Love
10. Sometime In The Morning
11. Laugh
12. I'm a Believer
(Bonus Material)
13. Apples, Peaches, Bananas And Pears
14. Ladies Aid Society (Original Mono Mix)
#*
15. I'll Spend My Life With You (First Recorded Version)
16. I Don't Think You Know Me (Second Recorded Version)
*
17. Through The Looking Glass (First Recorded Version)
18. Don't Listen To Linda (First Recorded Version)
19. Kicking Stones
20. Look Out (Here Comes Tomorrow) (With Peter's Narration)
21. I'm A Believer (Alternate Mix)
22. Mr. Webster (Firest Recorded Version)
[Disc 2:The Original Mono Album]
1. She*
2. When Love Comes Knockin' (At Your Door)*
3. Mary,Mary*
4. Hold On Girl*
5. Your Auntie Grizelda*
6. (I'm Not Your) Steppin' Stone*
7. Look Out (Here Comes Tomorrow)*
8. Kind Of Girl I Could Love*
9. Day We Fall In Love*
10.S ometime In The Morning*
11. Laugh*
12. I'm a Believer*
(Bonus Material)
13. Valleri (First Recorded Version)
14. Words (First Recorded Version)
15. Look Out (Here Comes Tomorrow) (TV Version)
16. I'll Be Back Up On My Feet (First Recorded Version)
*
17. Tear Drop City (Alternate Mix)
#*
18. Of You (Mono Mix)
*
19. Hold On Girl (First Recorded Version)
20. (I Prithee) Do Not Ask For Love
# Previously Unissued Recording (未発表音源) * Mono
2006年に発売されたセカン ド・アルバムのCD2枚組デラックス・エディション。Disc 1にアルバムのステレオ盤+ボーナス・トラック、Disc 2にアルバムのモノラル盤+ボーナス・トラックを収録。ボーナ ス・トラックは後に出るアルバムの初期ヴァージョンが多く、曲によってはマルチ・トラック・テープから新たにRemixされているものもあるようです。パッケージはデジ・パック仕様で、ブックレットにはライナー・ノーツ、写真、収録曲のデー タ(録音日や参加ミュージシャン等)を掲載。日本盤はアメリカ盤に帯と日本語ブックレット(英文ライナーの翻訳、歌詞・対訳)を付け た仕様で発売。(掲 載:2014年7月2日)
Headquarters (1967.5)
1.You Told Me
2.I'll Spend My Life With You
3.Forget That Girl
4.Band 6
5.You Just May Be The One
6.Shades Of Gray
7.I Can't Get Her Off My Mind
8.For Pete's Sake
9.Mr.Webster
10.Sunny Girlfriend
11.Zilch
12.No Time
13.Early Morning Blues And Greens
14.Randy Scouse Git
[1995年盤CDボーナス・トラック]
15.All Of Your Toys (Alternate Mix)
16.The Girl I Knew Somewhere
(Alternate Version)
17.Peter Gunn's Gun
(Unreleased)
18.Jericho
(Unreleased)
19.Nine Times Blue
(Demo)
20.Pillow Time
(Demo)
1967 年5月発表の3作目のア ルバム(全米第1位)。グループの人気は上がったものの、 レコードでは自分達で演奏していない(実際には演奏させてもらえなかったのですが)ためか、その事が非難の対象に。さらにはメンバーとプロデューサーが対 立。その結果、レコーディングも(一部ゲストを迎え)メンバー自身が初めて全曲を演奏することに。 それまでと比べるとアンサンブルが怪しい部分もありますが(逆にこれが彼等が実際に演奏しているという証拠にも・・・)、マイク・ネスミスのペダル・ス ティール・ギター、ピーター・トークのバンジョーやピアノ等、演奏面やソング・ライティングの面でも注目すべき点は多いと思います。デイヴィーが歌う3「Forget That Girl」、マイクが歌う5「You Just May Be The One」、バリー・マン/シンシア・ウェイルの作品で、デイヴィー・ジョーンズピーター・トークのヴォーカルによ るバラード作品6「Shades Of Gray」ピーター・トーク作曲の8「For Pete's Sake」ミッキー・ドレンツ作曲で、イギリスでシングル・ヒットした14「Randy Scouse Git」辺りがオススメ。グループにとってターニング・ポイントとなった作品。

CDに ついて
『Headquarters』((日)Arista/BMGビク ター BVCA-2049)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。
「Band 6」をはじめ、下記に紹介する米Rhino盤とはミックスが異な る曲が含まれています。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『Headquarters』((米) Rhino R2 71792/(日)east west japan AMCY-800)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。日本盤は歌詞・解説書付き。

Headquarters (Deluxe Edition) (2007)

Headquarters (Dlx) (Dig)

[Disc 1:The Original Stereo Album]
1.You Told Me
2.I'll Spend My Life With You
3.Forget That Girl
4.Band 6
5.You Just May Be The One
6.Shades Of Gray
7.I Can't Get Her Off My Mind
8.For Pete's Sake
9.Mr.Webster
10.Sunny Girlfriend
11.Zilch
12.No Time
13.Early Morning Blues And Greens
14.Randy Scouse Git
(Bonus Material)
15. All Of Your Toys (Stereo Remix)#
16. The Girl I Knew Somewhere (First Recorded Version/Stereo Remix)
#
17. A Little Bit Me, A Little Bit You (Stereo Remix)
#
18. She Hangs Out (Stereo Remix)
#
19. Love To Love (Stereo Remix)
#
20. You Can't Tie A Mustang Down (Stereo Remix)
#
21. If I Learned To Play The Violin (Stereo Remix)
#
22. 99 Pounds (Stereo Remix)
#
23. The Girl I Knew Somewhere (Single Version/Stereo Remix)
#
24. Randy Scouse Git (Alternate Version)
25. Tema Dei Monkees (Stereo Remix)
#
[Disc 2:The Original Mono Album]
1.You Told Me*
2.I'll Spend My Life With You*
3.Forget That Girl*
4.Band 6*
5.You Just May Be The One*
6.Shades Of Gray*
7.I Can't Get Her Off My Mind*
8.For Pete's Sake*
9.Mr.Webster*
10.Sunny Girlfriend*
11.Zilch*
12.No Time*
13.Early Morning Blues And Greens*
14.Randy Scouse Git*
(Bonus Material)
15. All Of Your Toys (Mono Mix)*
16. The Girl I Knew Somewhere (First Recorded Version/Alternate Mono Mix)
#*
17. A Little Bit Me, A Little Bit You (Mono Single Mix)
*
18. She Hangs Out (Mono Single Mix)
*
19. The Girl I Knew Somewhere (Mono Single Mix)
*
20. Nine Times Blue (Demo Version)
*
21. She'll Be There
22. Midnight Train (Demo Version)
23. Peter Gunn's Gun
24. Jericho
*
25. Pillow Time (Demo Version)
# Previously Unissued Recording (未発表音源) * Mono
2007年に発売されたサード・ アルバムのCD2枚組デラックス・エディション。Disc 1にアルバムのステレオ盤+ボーナス・トラック、Disc 2にアルバムのモノラル盤+ボーナス・トラックを収録。曲によっ てはマルチ・トラック・テープから新たにRemixされていますパッケージはデジ・パック仕様で、ブックレットにはライナー・ノーツ、写真、収録曲のデー タ(録音日や参加ミュージシャン等)を掲載。ちなみに前2作は日本盤が出ていましたが、こちらは未発売。(掲載:2014年7月2日)
Pisces,Aquarius,Capricorn & Jones LTD.  (1967.11)

スター・コレクター

1.Salesman
2.She Hangs Out
3.The Door Into Summer
4.Love Is Only Sleeping
5.Cuddly Toy
6.Words
7.Hard To Believe
8.What Am I Doing Hangin' 'Round?
9.Peter Percival Patterson's Pet Pig Porky
10.Pleasant Valley Sunday
11.Daily Nightly
12.Don't Call On Me
13.Star Collector
[1995年盤CDボーナス・トラック]
14.Special Announcement (Unreleased)
15.Goin' Down
(Alternate Mix)
16.Salesman
(Alternate Mix)
17.The Door Into Summer
(Alternate Mix)
18.Love Is Only Sleeping
(Alternate Mix)
19.Daily Nightly
(Alternate Mix)
20.Star Collector
(Alternate Mix)
1967年11月14日に発表さ れた4柞目(全米第1位)で、邦題 は『スター・コレクター』。前作『HEADQUARTERS』ではメンバー全員が演奏していました が、リズムが貧弱だった事もあり、今回はセッション・ミュージシャンのエディー・ホーがドラム、プロデューサーのチップ・ダグラスがベースでゲスト 参加。アルバムのA面は比較的軽めの曲が並び、デイヴィーが歌うニルソン作の5「Cuddly Toy」ミッキーが歌う6「恋の合言葉」マイクが歌うサイケデリックな4「Love Is Only Sleeping」が聞き所。B面は実験的な曲が収録されており、マイクのカントリー志向の曲8「恋の冒険」や、キャロル・キング作のシングル・ ヒット10「Pleasant Valley Sunday」ミッキーが非常に効果的なシンセサイザーを演奏している11「Daily Nightly」マイクによる12「Don't Call On Me」、ラストのゴフィン/キング作品13「Star Collector」は長尺のシンセサイザーのソロが入った実験作。当時、ペリー&キング スレイがシンセサイザーの(イージー・リスニング的な)アルバムを製作はしていましたが、ロック/ポップスの分野でここまで大胆にシンセを取り入れたのは このアルバムが初めてのようです。全編粒揃いの傑作アルバム。

CDに ついて
『スター・コレクター』((日)Arista/BMGビク ター BVCA-2051)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。ジャケットは米盤オリジナルとは異なる、日本盤独自のジャケットで復刻(上記写真)。また、下記 に紹介する米Rhino盤とはミックスが異なる曲がいくつか含まれており、2
「She Hangs Out」、6「Words」は別ミックス。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『Pisces,Aquarius,Capricorn & Jones LTD.』((米)Rhino R2 71793/(日) east west japan AMCY-801)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。
日本盤は歌詞・解説書付き。
Pisces,Aquarius,Capricorn & Jones LTD. (Deluxe Edition) (2007)

Pisces Aquarius Capricorn & Jones Ltd (Dlx)

[Disc 1:The Original Stereo Album]
1. Salesman
2. She Hangs Out
3. The Door Into Summer
4. Love Is Only Sleeping
5. Cuddly Toy
6. Words
7. Hard To Believe
8. What Am I Doing Hangin' 'Round?
9. Peter Percival Patterson's Pet Pig Porky
10. Pleasant Valley Sunday (Stereo Version)
11. Daily Nightly
12. Don't Call On Me
13. Star Collector
(Bonus Material)
14. Goin' Down (Stereo Mix)
15. Salesman (Alternate Stereo Mix)
#
16. She Hangs Out (Alternate Stereo Mix)
#
17. Love Is Only Sleeping (Alternate Mix)
18. What Am I Doing Hangin' 'Round? (Alternate Mix)
#
19. Star Collector (Alternate Stereo Mix)
#
20. Riu Chiu (TV Version)
#*
[Disc 2:The Original Mono Album]
1. Salesman*
2. She Hangs Out*
3. The Door Into Summer*
4. Love Is Only Sleeping*
5. Cuddly Toy*
6. Words*
7. Hard To Believe*
8. What Am I Doing Hangin' 'Round?*
9. Peter Percival Patterson's Pet Pig Porky*
10. Pleasant Valley Sunday (Mono Version)*
11. Daily Nightly*
12. Don't Call On Me*
13. Star Collector*
(Bonus Material)
14. Special Announcement*
15. Salesman (Alternate Mono Mix)
16. Cuddly Toy (Alternate Mix)#*
17. Goin' Down (Mono Single Version)*
18. The Door Into Summer (Alternate Mix)
*
19. Daily Nightly (Alternate Mix)
#*
20. Star Collector (Alternate Mix)
#*
# Previously Unissued Recording (未発表音源) * Mono
2007年に発売されたサード・ アルバムのCD2枚組デラックス・エディション。Disc 1にアルバムのステレオ盤+ボーナス・トラック、Disc 2にアルバムのモノラル盤+ボーナス・トラックを収録。パッケー ジはデジ・パック仕様で、ブックレットにはライナー・ノーツ、写真、収録曲のデー タ(録音日や参加ミュージシャン等)を掲載。3rdに続いてこちらも日本盤は未発売。(掲載:2014年7月1日)
The Birds,The Bees & The Monkees (1968)
1.Dream World
2.Auntie's Municipal Court
3.We Were Made For Each Other
4.Tapioca Tundra
5.Daydream Believer
6.Writing Wrongs
7.I'll Be Back Up On My Feet
8.The Poster
9.P.O. Box 9847
10.Magnolia Simms
11.Valleri
(Album Version)
12.Zor And Zam
[1994年盤CDボーナス・トラック]
13.Alvin (Unissued)
14.I'm Gonna Try
(Unissued)
15.P.O. Box 9847
(Alternative Mix)
16.The Girl I Left Behind Me
(Early Version)
17.Lady's Baby
(Alternate Version)
テレビ・ショー放送終了後の 1968年4月22日にリリースされた 5柞目のアルバム(全米第3位)。名曲5「Daydream Believer」(全米第1位)や、11「すてきな ヴァレリ」(全米第3位)が収録されている事でも知られるアルバムですが、この曲以外はメンバー自 身によるプロデュースでレコーディングされ、従来のバンド・サウンドからポップス寄りなった印象も。マイクによる2「Auntie's Municipal Court」(サイケ+カントリー調。ヴォーカルはミッキー・ドレンツ。Harry Nillsonが参加)、4「Tapioca Tundra」(全 米第34位)、6「Writing Wrongs」、6「Writing Wrongs」(古いSP盤のようなノイズ入り)辺りがオススメ。

CDに ついて
『小鳥と蜂とモンキーズ』((日)Arista/BMGビク ター BVCA-2052)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。下記に紹介する米Rhino盤とはミックスが異なる曲がいくつか含まれており、
「Daydream Believer」は7秒長い別ミックス(冒頭のメンバーのトークがステレオ)、「Valleri」はフェイド・アウトせずに完奏するヴァージョンで収録。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『The Birds,The Bees & The Monkees』((米) Rhino R2 71794/(日)east west japan AMCY-801)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。
日本盤は歌詞・解説書付き。
『小鳥と蜂とモンキーズ』((日) Werner Music Japan WPCR-27840)
 2013年9月に定価1,000円で発売された日本盤CD。音源は2013年デジタル・リマスター。ボーナス・トラックはなし。歌詞・解説書付き。(掲載:2001年/更新:2014年7月2日)

Head (1968)
1.Opening Ceremony
2.Porpoise Song
(Theme From Head)(Album Edit)
3.Ditty Diego (War Chant)
4.Circle Sky
(Album Version)
5.Supplicio
6.Can You Dig It
7.Gravy
8.Superstitous
9.As We Go Along
10.Dandruff?
11.Daddy's Song
12.Poll
13.Long Title: Do I Have To Do This All Over Again
14.Swami (Plus Strings)
[1994年盤CDボーナス・トラック]
15.Ditty Diego-War Chant (Unissued Version)
16.Circle Sky
(Live Version)
17.Happy Birthday To You
(Unissued)
18.Can You Dig It
(Alternate Mix)
19.Daddy's Song
(Alternate Mix)
20.Head Radio Spot
(Unissued)
テレビ・シリーズ終了後に製作さ れた映画『Head』のサントラ盤(全米第45位)。モンキーズのアルバム中最もロック寄りなものの、随所に映画のセリフが挿 入された、シュールで実験色の強いコラージュ・アルバムという趣なので、聴き手によって好みが分かれるかも・・・モンキーズのパブリック・イメージ を自ら破壊しているようにも映る、不思議なアルバム。

 収録曲は少なめなのが物足りないものの曲はどれも粒揃い。
ゴ フィ ン/キング作の2「ポパーズ・ソング」(全米第62位)は幻想的なサイケデリック・ナ ンバー。ただしシングル・ヴァージョンで聴けた後半部分は何故かカットされている。3「DITTY DIEGO」はテー プの回転をいじってモンキーズ自身を揶揄した妙な作品で、フリッ パーズ・ギターの某曲の元ネタとしても知られています。マイクの4「Circle Sky」はアッ プ・テンポのロック・ナンバーで、ボーナス・トラックに収録されたモンキーズ自身の演奏によるライヴ・テイクの方が出来は上。70年代を予見するようなカ ントリー・タッチの9「As We Go Along」(全米第106位)では演奏にキャロル・ キング、ライ・クーダー、ニール・ヤング等が参加。13「ロング・タイトル」ピーター・トーク作曲で、モンキー ズの曲の中では最もロック色の強い作品(ちなみに映画では別ミックスが使用されています)。全体的に、それまでの親しみやすいポップな曲が好きな方には とっつきにくいかもしれませんが、音楽的には本作がピークのような気がします。

CDに ついて
『Head』((英)Lightning Lig CD 5001)
 イギリスで発売されていたCD(発売年は不明)。ジャケットはシルヴァーではなく白地。下記に紹介する米Rhino盤とはミックスが異なる曲が含まれて おり、2
「Porpoise Song」はシングル同様にエンディング付きのヴァージョンに差し換えられ、4「Circle Sky」は別ミックスで収録(このミックスは後に日本編集盤『The Monkees By Request』及び米編集の『Missing Links Vol.3』に収録)。ボーナス・トラックはなし。ブックレットにはライナーと映画からの写真が数点掲 載。
『Head』((米) Rhino R2 71795/(日)east west japan AMCY-788)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。
日本盤は歌詞・解説書付き。(掲載: 2001年/更新:2006年4月23日)
Head (Deluxe Edition) (2010)

[Disc 1:Original LP Plus...]
1.Opening Ceremony 2.Porpoise Song (Theme From Head)(Album Version) 3.Ditty Diego (War Chant) 4.Circle Sky(Album Version) 5.Supplicio 6.Can You Dig It 7.Gravy 8.Superstitous 9.As We Go Along 10.Dandruff? 11.Daddy's Song 12.Poll 13.Long Title: Do I Have To Do This All Over Again 14.Swami (Plus Strings)
(Bonus Tracks)
15. Porpoise Song (Theme From Head) (Alternate Stereo Mix) 16. Ditty Diego –War Chant (Alternate Stereo Mix) 17. Circle Sky (Alternate Stereo Mix) 18. Can You Dig It (Peter's Vocal/Stereo Rough Mix)
# 19. As We Go Along (Alternate Stereo Mix) 20. Daddy's Song (Remix With Slow Verse)# 21. Long Title: Do I Have To Do This All Over Again (Alternate Stereo Mix) 22. Swami – Plus Strings (Ken Thorne), Etc. (Alternate Stereo Mix)# 23. Happy Birthday To You (Alternate Stereo Mix)# 24. Ditty Diego (Session)#
[Disc 2:Outtakes And Rarities]
1. Head Promo"Coming Soon"* 2. Porpoise Song (Theme From Head) (Mono Single Mix)* 3. Ditty Diego – War Chant (Mono Mix)#* 4. Circle Sky (Mono Mix)#* 5. Can You Dig It (Mono Mix)#* 6. As We Go Along (Mono Single Mix)* 7. Daddy's Song (Mono Mix)#* 8. Long Title: Do I Have To Do This All Over Again (Mono Mix)#* 9. Porpoise Song (Theme From Head) (Rough Mono Mix)#* 10. Ditty Diego (Alternate Version)# 11. Circle Sky (Alternate Mono Mix)* 12. Can You Dig It (Peter's Vocal)* 13. Daddy's Song (Mike's Vocal)* 14. Long Title: Do I Have To Do This All Over Again (Rough Mix Acetate)* 15. Can You Dig It (Mono Movie Mix)#* 16. Daddy's Song (Mono Movie Mix)#* 17. Head Promo "Now Playing"* 18. Introduction To Live Show# 19. You Just May Be The One (Live)# 20. Sunny Girlfriend (Live)# 21. You Told Me (Live)# 22. Circle Sky (Live) 23. California, Here It Comes#
[Disc 3:Head Open-End Radio Special Interview Platter With Davy Jones]
1. Circle Sky (Excerpt)* 2. Davy Jones Interview, Pt. 1* 3. Can You Dig It (Excerpt)* 4. Davy Jones Interview, Pt. 2* 5. Daddy's Song* 6. Davy Jones Interview, Pt. 3* 7. Long Title: Do I Have To Do This All Over Again* 8. Davy Jones Interview, Pt. 4* 9. Porpoise Song (Theme From Head)* 10. Davy Jones Interview, Pt. 5* 11. Can You Dig It (Excerpt)*
[7inch Analog Single]
A : Porpoise Song (Theme From Head) (Instrumental Mix)# B : As We Go Along (Instrumental Mix)#
# Previously Unissued Recording (未発表音源) * Mono
2010年にRhino Hand Madeから発売された『Head』のボックス仕様のデ ラックス版。Disc 1の1〜14はオリジナル・アルバムのリマスター音源を収録。15〜24はボーナス・トラックで、各種編集盤に散乱していた別ミックスを中心に収録。15Porpoise Song (Theme From Head)は1986年に初出のSingle Versionのステレオ版で、各種ベスト盤によく収録されているもの(Disc 2-2にはMono Single Mix、2-9にはリード・ヴォーカルが前面に出た&バック・ヴォーカルのないモノラルの別ミックスを収録。さらに4枚組『Listen To The Band』にはまた別のStereo Mixが収録…と、別ミックスが複数存在する)。他の曲も同様に別ヴァージョンが色々と。

 Disc 2は別ヴァージョンや別ミックス、シングル・ヴァージョン等のレア音源を収録。18〜22は1968年5月21日@Salt Lake Cityで行なわれた映画撮影用に行なわれたライヴより。これまで
Circle Sky」のみが発表 されていましたが(今回は別ミックスで収録)、それ以外は今回が初登場。勿論モンキーズのみによる生演奏で、編成はMike Nesmith (vo,g)/Davy Jones (k,b,perc.)/Peter Tork (b,banjo)/Micky Dolenz (d)。何故か全曲マイク・ネスミスの曲で、You Told MeではDavy Jonesがベースを演奏。

 Disc 3はラジオ用の宣伝用LPからの音源で、Davy Jonesのインタビューを収録。さらに7インチのシングル盤には
Porpoise Song (Theme From Head)」「As We Go Alongのインストゥルメンタ ル・ミックスを収録。後者の曲ではキャロル・キングがカウントを取る声が聞こえます…と、何でこんな大量に未発表音源があるんだろ?と不思議で仕方ありま せんが(笑)、もし聴く機会がありましたら是非という事で。(掲 載:2014年7月2日)
Instant Replay (1969)
1.Through The Looking Glass
2.Don't Listen To Linda
3.I Won't Be The Same Without Her
4.Just A Game
5.Me Without You
6.Don't Wait for Me
7.You And I
8.While I Cry
9.Teardrop City
10.Girl I Left Behind Me
11.Man Without A Dream
12.Shorty Blackwell
[1995年盤CDボーナス・トラック]
13.Someday Man
14.Carlisle Wheeling
(Alternate Version)
15.Rosemarie
(Early Version)
16.Smile
(Previously Unissued)
17.St. Matthew
(Alternate Mix)
18.Me Without You
(Alternate Mix)
19.Through The Looking Glass
(Alternate Mix)
1969年2月15日に発表され た7柞目のアルバム(全米第32 位)。テレビ・ショーが終了し、その後モンキーズはどうなっ たかというのは一般的にはあまり知られていないようですが、番組終了後も活動を続けており、1968年9月には来日公演を行っています。しかし、映画『Head』の奇妙な内容やテレビ 特番『33 1/3 Revolutions Per Monkees』の低視聴率、そしてピーター・トーク脱退といったマイナス要素が相次ぎ、人気は低 迷していきます。
 このアルバムは数曲、1966〜7年に録音されたアウト・テイクにオーヴァー・ダビングをして完成させたものが含まれており、そのため新・旧の楽曲との 作風や録音の違いが目立ちます。特にシングル・カットされた9
「Teardrop City」は作者のボイス&ハートが先にレコード化していましたが、作風が「恋の終列車」に酷似しており、時 代と逆行しているような印象を受けてしまうのが難点。
 新たに録音された曲は前作からさらに一歩進んだものになっており、マイク・ネスミスのカントリー調の作品(6,8)はより本格的なものに。
デイヴィー・ジョーンズによるマイ ナー調のロック・ナンバー7「You And I」ニール・ヤングがリード・ギターで参加。自分達の運命を予見したかのような歌詞も印象的。ジェリー・ゴフィン/キャロル・キング作で、 The Cityのヴァージョンでもお馴染みの11「Man Without A Dream」はボーンズ・ハウがプロデュースを担当。アイドル的な要素は後退したため、ティーンエイジャーが聴くには難解だったのではと思いますが、今聴くと色々と発見があるのではないでしょうか。

CDに ついて
『Instant Replay』((日) Arista/BMGビクター BVCA-2053)
 1992年に日本のBMGビクターから発売されたCD。歌詞・対訳・解説書付き。ボーナス・トラックはなし。現在は廃盤。
『Instant Replay』((米)Rhino R2 71796/(日) east west japan AMCY-799)
 1995年に発売された米Rhino製作によるリマスター盤。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック収録。ジャケットのメンバーの顔写真が一部変更 されています。
日本盤は歌詞・解説書付き。(掲載:2006年2月26日)
Present (1969)
1.Little Girl
2.Good Clean Fun
3.If I Knew
4.Bye Bye Baby Bye Bye
5.Never Tell a Woman Yes
6.Looking for the Good Times
7.Ladies Aid Society
8.Listen To The Band
(Mono Version)
9.French Song
10.Mommy and Daddy
11.Oklahoma Backroom Dancer
12.Pillow Time
[1994年盤CDボーナス・トラック]
13.Calico Girlfriend Samba (Unissued)
14.Good Earth
(Unissued)
15.Listen to the Band
(Alternate Version)
16.Mommy and Daddy
(Alternate Version)
17.Monkees Present Radio Promo
(Unissued)
1969年10月11日にリリー スされた8柞目のアルバム(全米第 100位)。元々、各メンバーが各自プロデュースして曲を 持ち寄り2枚組にする予定でしたが、ピーターの脱退の影響もあり、結局は1枚に(ここから漏れた音源は後に『Missing Links』の シリーズ等に収録)。全体的に地味で落ち着いた曲が多いのが難点ですが、ブルー・グラスの「Good Clean Fun」(全米第82位)、カントリー・ ロックにブラス・サウンドを取り入れた傑作シングル8「Listen To The Band」(全米第63位)といったマイク・ネスミスの作品は、70年 代のアメリカン・ロックを予見するようなサウンドが興味深い所。そしてこのアルバムを最後にマイク・ネスミスが脱退、ソロに転向〜カントリー路線に変更して成功 を収めています。(掲載:2006年2月26日)
Changes (1970)
1.Oh My My
2.Ticket On A Ferry Ride
3.You're So Good To Me
4.It's Got To Be Love
5.Acapulco Sun
6.99 Pounds
7.Tell Me Love
8.Do You Feel It Too?
9.I Love You Better
10.All Alone In The Dark
11.Midnight Train
12.I Never Thought It Peculiar
[1994年盤CDボーナス・トラック]
13.Time And Time Again
14.Do It In The Name Of Love
15.Lady Jane

とうとう2人だけになってしまっ た1970年発表のラスト・アルバ ム(全米第152位)。シングル・カットされた1「Oh My My」(全米第98 位)はファンキーな曲ですが、全般的にアルバム自体は精彩に欠き、聴いていて一抹の寂しさを覚える。全オリジナル・アルバムを聴いてみたいという方向けと いうか・・・。ロックン・ロール調の6「99 Pounds」とボイス&ハート作の12「I Never Thought It Peculiar」は初期のアウト・テイク。(掲載:2006年2月26日)
The Monkees (Part 2)へ移動 / 戻る
inserted by FC2 system