Small Faces (Part 1)  (作成:2000年6月/更新: 2014年5月9日)
Small Faces (1966/(日本盤) Universal UICY-9068 )
1.Shake  2.Come On Children 3.You Better Believe It 4.It's Too Late 5.One Night Stand 6.What'cha Gonna Do About It
7.Sorry She's Mine 8.Own Up Time 9.You Need Loving 10.Don't Stop What You Are Doing 11.E Too D 12.Sha-La-La-La-Lee
[Remaster CD Bonus Tracks]
13.Shake (Alternate Version) 14.Come On Children (Alternate Version) 15.What'Cha Gonna Do About It (Alternate Version)
16.Own Up Time (Extended Version) 17.E Too D (Alternate Version)
60年代モッズ・シーンの代表的グループのファースト・アルバム (UK第3位)。メンバーはスティーヴ・マリオット(g,vo)ロニー・レイン(b,vo)ケニー・ジョーンズ(d)イアン・マクレガン(k)。一見するとただのアイドル・グループと思いがちですが、スティーヴ・マリオットの熱いドスの効いたヴォーカルや、James Brownやスタック ス・レーベル、アトランティック系のソウル・ミュージックを軸とした黒っぽいサウンドはかなり本格的。お薦めはロニー・レインが歌うサム・クック「Shake」James Brown「Think」ブッカーT.&THE MG'S風のリフに乗せてスティーヴ・マリ オットが熱唱する「Come On Children」Led Zeppelin「胸いっぱいの愛を」の元ネタ「You Need Lovin'」等。 シングル・ヒット「Sha-La-La-La-Lee」(UK第3位)は日本のThe Collectorsショボーレ3がカヴァー。最近では車のCMで流れている女性ヴォーカ ルのヴァージョンでもおなじみ。また、ジョン・ケイル「What'cha Gonna Do About It」(UK第14位)のギターのフィード・バックに影響を受けてVelvet Undergroundサウンドに取り入れたと後に発言 しており、そういうエピソードも含め、もっと評価されてもいいような名盤。
[CDに ついて]
 詳細はこ ちらをご覧ください。(掲載:2000年/更新: 2009年6月28日)
From The Beginning (1967/CD:(日本盤) Universal UICY-9069)
1.Runaway 2.My Mind's Eye 3.Yesterday, Today And Tomorrow 4.That Man 5.My Way Of Giving 6.Hey Girl
7. (Tell Me)Have You Ever Seen Me 8.Take This Hurt Off Me 9.All Or Nothing 10.Baby Don't You Do It 11.Plum Nellie 12.Sha-La-La-La-Lee 13.You've Really Got A Hold On Me 14.What'cha Gonna Do About It
2nd。厳密に言うとオリジナル・アルバムではなく、バンドがレー ベルを移籍したため、DECCAがシングル曲や未発表曲、はたまた次回作用の曲のデモ等をかき集めて作ったというのが真相。しかし曲はどれも粒ぞろいで、「Hey Girl」(UK第10位)「All Or Nothing」(UK第1位)「My Mind's Eye」(UK第4位)といったシングル曲 は勿論の事、「Yesterday, Today And Tomorrow」「That Man」といったサイケデリックなオリジナル、マーヴィン・ゲイの10「Baby Don't You Do It」Don Covayの8「Take This Hurt Off Me」デル・シャノンの1「悲しき街角」といったカヴァーも 聞き物。
[CDに ついて]
 詳細はこ ちらをご覧ください。(掲載:2000年/更新: 2009年6月28日)
Small Faces (1967)
1.(Tell Me)Have You Ever Seen Me 2.Something I Want To Tell You 3.Feeling Lonely 4.Happy Boys Happy
5.Things Are Going To Get Better 6.My Way Of Giving 7.Green Circles
8.Become Like You 9.Get Yourself Together 10.All Our Yesterdays 11.Talk To You 12.Show Me The Way
13.Up The Wooden Hills To Bedfordshire 14.Eddie's Dreaming
Immediateレーベル移籍後の'67年に発表された3作目(UK12位)。全曲スティーヴ・マリオットロニー・レインによるオリジナル で、それまでの荒々しいサウンドはやや後退し、フォークやトラッド等の影響が伺える落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
「My Way Of Giving」は後にこのバンドに参加するRod Stewartがカヴァー、フェイザーを取り入れたサイケデリック・ナンバー「Green Circles」も このアルバムの聴き所の一つ。B面は特に素晴らしい曲が並び、メロトロンを導入した「Become Like You」や後のスタイル・カウンシルを思わせるラ テン調の「Eddie's Dreaming」初期のスタイルに近いR&B「Talk To You」The Jamがカヴァーした「GET YOURSELF TOGETHER」といった名曲が並ぶ。
[CDに ついて]
 詳細はこ ちらをご覧ください。(掲 載:2000年/更新:2009年6月28日)
There Are But Four Small Faces (1968/CD:(日本盤)ビクター VICP-61244)
[Side A] 1.Itchycoo Park 2.Talk To You 3.Up The Wooden Hills To Bedfordshire 4.My Way Of Giving
5.I'm Only Dreaming
(Stereo Version) 6.I Feel Much Better (Stereo Version)
[Side B] 7.Tin Soldier 8.Get Yourself Together 9.Show Me The Way 10.Here Comes The Nice
11.Green Circles
(USA Mix) 12.(Tell Me)Have You Ever Seen Me
このアルバムの記事はこ ちらに移動しました。(掲載:2001年/更新: 2014年5月9日)
Ogdens' Nut Gone Flake (1968/CD:(日本盤)ビクター VICP-63265)
[Side A] 1. Ogdens' Nut Gone Flake 2.Afterglow Of Your Love 3.Long Agos And Worlds Apart 4.Rene 5.Song Of A Baker 6.Lazy Sunday
[Side B] 7.Happiness Stan 8.Rollin' Over 9.Hungry Intruder 10.The Journey 11.Mad John 12.Happydaystoytown
このアルバムの記事はこ ちらに移動しました。
Autumn Stone (1969/CD:(日本盤)ビ ク ター VICP-61303)
1.Here Comes The Nice 2.Autumn Stone 3.Collibosher 4.All Or Nothing* 5.Red Balloon 6.Lazy Sunday
7.Rollin' Over
(Live) 8.If I Were A Carpenter (Live) 9.Every Little Bit Hurts (Live) 10.My Mind' Eye*
11.Tin Soldier 12.Just Passing
*  13.Call It Something Nice 14.I Can't Make It*
15.Afterglow Of Your Love (Single Version) 16.Sha-La-La-La-Lee* 17.The Universal 18.Itchycoo Park 19.Hey Girl*
20.Wide Eyed Girl On The Wall 21.What'cha Gonna Do About It* 22.Wham Bam Thank You Mam*
このアルバムの記事はこ ちらに移動しました。
In Memoriam (1969/CD:(日本盤)ビク ター VICP-61243)
1.Small Faces Live (Live) 2.Rollin' Over (Live) 3.If I Were A Carpenter (Live) 4.Every Little Bit Hurts (Live)
5.All Or Nothing (Live) 6.Tin Soldier (Live) 7.Collibosher 8.Call It Something Nice 9.Red Balloon
10.Wide Eyed Girl In The Wall 11.The Autumn Stone
前出の『AUTUMN STONE』から ライヴ音源をA面に、未発表曲をB 面に収録した編集盤で、当初はドイツのみの発売でした(現在はイギリスと日本で紙ジャケCDが発売)。A面のライヴは音質は良くないですが(日本盤紙ジャ ケCDは一部アナログ落とし)当時のライヴの状況が伝わってきます。「If I Were A Carpenter」とB面のスタジオ録 音「Red Balloon」はフォーク・シンガー、ティム・ ハーディンの作品。渋めのバラッド「Every Little Bit Hurts」はモータウンの女 性シンガー、ロレッタ・ハロウェイの作品で、他にスペンサー・デイ ヴィス・グループThe Clash等も取り上げている名曲。
CDに ついて
『In Memoriam』((日本盤)ビクター・エンタテイ ンメ ント VICP-61243/2000年)
 
日本ビクター盤紙ジャケCDはボーナス・トラックとしてImmediate時代のシングル・ナン バーすべてがモノラル・ミックスで収録。
『In Memoriam』((イギリス盤)Castle CMTCD344/2001年)
 2001年に英Castleが紙ジャケット仕様でCD化。
『In Memoriam+15』((日本盤)ビクター・エンタテインメント VICP-70110/紙ジャケ/2009年)
 
2009年6月にSHM-CD、紙ジャケット仕様で再発売。詳細はこちらをご覧 ください。(掲載:2001年/更新:2009年6月28日)
First Step (1970/CD:(日本盤) Warner Music Japan WPCR-566)
1.Wicked Messenger 2.Devotion 3.Shake, Shudder, Shiver 4.Stone 5.Around The Plynth 6.Flying
7.Pineapple And The Monkey 8.Nobody Knows 9.Looking Out The Window 10.Three Button Hand Me Down
ス ティーヴ・マリオットの脱退に伴い、残されたメンバーはジェ フ・ベック・グループからロッド・スチュワート(vo)とロン・ウッド(g)を迎えバンドを 再編、バンド名をFACESと改めて再出発をしています・・・と思ったら、このアルバムだけまだSMALL FACES名義になっ たままでした(笑)。どうやらアメリカでは以前の名前で出されていたという事らしいのですが、しかしこれが事実上FACESのファースト・アルバム という事になります(注:日本での初CD化の際は"Faces"名義でリリースされていました)。メンバー・チェンジもあって、サウンドはより泥臭いもの になり、5「アラウンド・ザ・プリンス」のようなブルース・フィーリング溢れるナンバーも出てくるようになります。音楽性の幅は広がっているものの、まだ模索状態と いったところ。次のアルバム『LONG PLAYER』から"世界一の酔いどれバンド"(笑)へと変貌していきます。
CDに ついて
『First Step』((アメリカ盤)Warner Archives 1851)
 
1993年にアメリカで発売された。Small Faces名義でのリリース。
『First Step』((日本盤)Warner Music Japan WPCR-75109)
 2005年に発売された日本盤。Small Faces名義でのリリース。(掲載:2005年/更新:2009年6月28日)
Playmates (1977)
1.High And Happy 2.Never Too Late 3.Tonight 4.Saylarvee 5.Find It 6.Lookin' For A Love
7.Playmates 8.This Song's Just For You 9.Drive-in Romance 10.Smilin' In Tune
再結成アルバム第一弾。ベースはロニー・レインに替わってリック・ウイルスが参加。往年のサ ウンドはここでは聴く事が出来ませんが、非常にリラックスしたソウル・アルバムといった印象を受けるアルバムです。スティーヴ・マリオットのパワフル なヴォーカルを聴く事ができる「Lookin' For A Love」が聞き所。P.P.アーノルドや元キング・クリムゾンメル・コリンズがゲスト参加。
CDに ついて
『Playmates』((ドイツ)Repertoire REP 4267-WY)
 
ドイツのリイシュー・レーベル、Repertoireから発売されたCD。
『Playmates』((ア メリカ盤) Wounded Bird WOU-9113/2005年)
 2005年にアメリカのリイシュー・レーベル、Wounder Birdから発売されたCD。
『Playmates』((日本盤)Vivid Sound VSCD-4709/2006年)
 
2006年4月に日本のVivid Soundから、輸入盤に日本語解説書を付けた形で発売。(掲載:2006年/更新:2009年6月28日)
78 In The Shade (1978)
1.Over Too Soon 2.Too Much Crossroads 3.Let Me Down Gently 4.Thinkin' About Love
5.Stand By Me(Stand By You) 6.Brown Man Do 7.Real Sour 8.Soldier Boy
9.You Ain't Seen Nothin' Yet 10.Filthy Rich
再結成第2弾。「Stand By Me(Stand By You)」では、元Wingsジミー・マッカロクのギター・プレイを聴く事が出来ます。このアルバム発表後、ケニー・ジョーンズザ・フーに参加するのを期にバンド は正式に解散、スティーヴ・マリオットハンブル・パイを再結成します。
CDに ついて
『78 In The Shade』((ド イツ)Repertoire REP 4292-WY)
 
ドイツのリイシュー・レーベル、Repertoireから発売されたCD。
『78 In The Shade』((アメリカ盤)Wounded Bird WOU-9171/2005年)
 2005年にアメリカのリイシュー・レーベル、Wounder Birdから発売されたCD。
『78 In The Shade』((日本盤)Vivid Sound VSCD-4710/2006年)
 
2006年4月に日本のVivid Soundから、輸入盤に日本語解説書を付けた形で発売。(掲載:2006年/更新:2009年6月28日)
web拍手 by FC2
Small Feces (Part 2)へ移動 / 戻る
inserted by FC2 system