Manfred Mann Five Faces Of Manfred Mann (1964/CD:(日)東芝EMI TOCP-67110)

1.Smokestack Lightning 2.Don't Ask Me What I Say 3.Sack O' Woe 4.What You Gonna Do? 5.Hoochie Coochie
6.I'm Your Kingpin 7.Down The Road Apiece 8.I've Got My Mojo Working 9.It's Gonna Work Out Fine

10.Mr. Anello(Version 1) 11.Untie Me(Version 1) 12.Bring It To Jerome 13.Without You 14.You've Got To Take It
[日本盤CDボーナス・トラック]15.Smokestack Lightning(Stereo) 16.Don't Ask Me What I Say(Stereo)
17.Hoochie Coochie
(Stereo) 18.Down The Road Apiece(Stereo) 19.I've Got My Mojo Working(Stereo)
20.It's Gonna Work Out Fine
(Stereo) 21.Untie Me(Version 2/Stereo) 22.Bring It To Jerome(Stereo)
23.Without You
(Stereo) 24.You've Got To Take It(Stereo) 25.Ain't That Love 26.Sticks And Stones
27.Without You
(Alternate Take)
●Manfred Mannリーダーのマンフレッド・マン(k)とマイク・ハグ(d)を中心としたマン=ハグ・ブルース・ブラザースというジャズを主体としたグループとしてスタート。後にポール・ジョーンズ(vo)、マイク・ヴィッカーズ(g)等が加わるとR&Bの要素が加わるようになり、'63年にManfred Mannのバンド名でシングル「Why Should We Not」でデビュー。その後トム・マクギネス(b)が加わり「5-4-3-2-1」「Hubble Bubble (Toil And Trouble)」といった勢いのあるR&Bナンバーをヒットさせ、'64年夏には「Do Wah Diddy Diddy」が英・米ともにナンバー・ワン・ヒットとなり人気グループとなりました。
 '64年に発表されたこのデビュー・アルバムは、13
「Without You」のようなポール・ジョーンズによるBlues色の強いオリジナル作品のほか、The Yardbirdsでもお馴染みの1「Smokestack Lightning」や、The Rolling Stonesやザ・ルースターズも取り上げている7「Down The Road Apiece」、The Zombiesやザ・ゴールデン・カップスも取り上げているMuddy Watersの7「I've Got My Mojo Working」といったブルース・ナンバーを取り上げていますが、そこにJazzの要素が加わり、同時期に活躍していたR&Bバンドとは一線を期した印象を受けます。
シングルのポップ路線とはまた別の顔を持った魅力的な作品。
CDについて
◎『Five Faces Of Manfred Mann』((英)EMI 7243 8 56634 2 0)
 1997年にイギリスのEMIから発売されたリマスター盤。デジ・パック仕様で、ステレオ・ミックスを採用。いくつかの曲でモノラルとのヴァージョン違いがありますので要注意。
◎『Five Faces Of Manfred Mann』((日)東芝EMI TOCP-67110)
 東芝EMIから発売された紙ジャケット仕様のリマスター盤。モノラル・ミックスを採用。ボーナス・トラックを収録。
(2004年3月29日更新)
Manfred Mann Mann Made (1965/CD:(日)東芝EMI TOCP-67111)

1.Since I Don't Have You 2.You're For Me 3.Look Away 4.The Abominable Snowmann 5.Watch Your Step
6.Call It Stormy Monday 7.I Really Do Believe 8.Hi Lili Hi Lo 9.The Way You Do The Things You Do 10.Bare Hugg
11.You Don't Know Me 12.L.S.D. 13.I'll Make It Up To You
[日本盤CDボーナス・トラック]14.A Love Like Yours 15.She 16.Dashing Away With The Smoothing Iron
17.I Can't Believe What You Say 18.Poison Ivy 19.My Little Red Book
20.You Gave Me Somebody To Love
(Stereo Version)  21.Driva Man 22.It's Getting Late 23.Come Home Baby
24.Sie 25.Group Inteview
1965年発表のセカンド・アルバム(全英第7位)。これもシングルのイメージとは対照的に渋いジャズやスロー・ブルース・ナンバーが中心。中でもMike Vickers(g)作曲の4「ヒマラヤの雪男」マイク・ハグ作曲の10「BARE HUGG」といったジャズ/インスト・ナンバーが絶品。ブラス・セクションを加えたジャズ風の2「You're For Me」(Mike Vickers作)や、タイトルを見るとクスリの歌かと誤解されそうですが(笑)お金がテーマの12「L.S.D.」(Tom McGuinness作)等、R&Bのカヴァー中心だった前作とは異なり、メンバーのオリジナル作品が多く含まれています。
 なお、このアルバムを最後に
Mike Vickersがアレンジャーに転身のため脱退(その後The Beatlesの"All You Need Is Love"を手掛ける)、Tom McGuinnessがベースからギターにチェンジ、後任のベーシストとしてJack Bruceが参加しています。
CDについて
◎『Mann Made』((英)EMI 7243 8 56577 2 6)
 1997年にイギリスのEMIから発売されたリマスター盤。デジ・パック仕様で、ステレオ・ミックスを採用。
◎『Mann Made』((日)東芝EMI TOCP-67111)
 東芝EMIから発売された紙ジャケット仕様のリマスター盤。ステレオ・ミックスを採用。ボーナス・トラックを収録。
(2004年4月7日更新)
Manfred Mann Mann Made Hits (1966/CD:(日)東芝EMI TOCP-67113)

1.Pretty Flamingo 2.The One In The Middle 3.Oh No, Not My Baby 4.John Hardy 5.Spirit Feel
6.Come Tomorrow 7.Do Wah Diddy Diddy
 8.There's No Living Without Your Loving 9.With God On Our Side
10.Groovin' 11.I'm Your Kingpin 12.Sha La La
 13.5-4-3-2-1 14.If You Gotta Go, Go Now
[日本盤CDボーナス・トラック]15.Why Should We Not (Take 6)※ 16.Brother Jack 17.Cock-A-Hoop
18.Now You're Needing Me  19.Hubble Bubble (Toil And Trouble)
 20.What You Gonna Do 21.What Did I Do Wrong
22.What Am I Doing Wrong  23.Stay Around 24.You're Standing By 25.You Gave Me Somebody To Love
(Version 1)※
26.5-4-3-2-1
(Version 2)※ 27.Do Wah Diddy Diddy (Long Version)※ (印はモノラル録音)
●Paul Jones脱退後の1966年9月に発表された初のベスト・アルバム(全英第11位)。シングル・ヒットを中心に収録。
Manfred Mann Soul Of Mann (Instrumentals) (1967/CD:(英)EMI 7243 4 98935 2 8)

1.The Abominable Snowmann 2.I Got You Babe 3.Bare Hugg 4.Spirit Feel
5.Why Should We Not 6.L.S.D. 7.(I Can't Get No) Satisfaction
8.God Rest Ye Merry Gentlemenn 9.My Generation 10.Mr. Anello
11.Still I'm Sad 12.Tengo, Tango 13.Brother Jack 14.Sack O' Woe
1967年1月にEMIから発表された編集盤。Manfred Mannといえばシングルのポップな作品のイメージがアルという方が大半かと思われますが、この作品では(1曲を除いて)全曲ジャズ風のインストゥルメンタル・ナンバーが収録されており、レコード会社の企画とはいえ彼等の本質を知るには最適のアルバムだと思います。1「ヒマラヤの雪男」「SPIRIT FEEL」「TENGO,TANGO」「SACK O'WOE」といったナンバーはジャズが苦手だと言う人でも楽しめると思います。他に、その後Creamのメンバーとして大成するジャック・ブルース(b)が在籍していた頃に製作されたEPに収録されていた7「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」(The Rolling Stones)、「MY GENERATION」(The Who)、「STILL I'M SAD」(The Yardbirds)も原型を殆ど留めていないアレンジが最高。
 90年代前半に日本で(ジャケットをメンバーの写真に差し換えて)初CD化され、バンドの再評価が高まったという点でも重要視すべき作品だと思います。
CDについて
◎『Soul Of Mann』((英)EMI 7243 4 98935 2 8)
 1999年にイギリスのEMIから発売されたリマスター盤。デジ・パック仕様で、前半にモノラル・ミックス、後半にステレオ・ミックスを収録。
◎『Soul Of Mann plus』((日)東芝EMI TOCP-67112)
 2003年に東芝EMIから発売された紙ジャケット仕様のリマスター盤。ステレオとモノラルが入り混じりで収録され、何故か
「The Abominable Snowmann」がカットされているのが難点。ボーナス・トラックには「Machines」「She Needs Company」等13曲を収録。(2004年4月7日更新)
Manfred Mann As Is (1966/CD:(日)Universal UICY-9246)

1.Trouble And Tea 2.A Now And Then Thing 3.Each Other's Company
4.Box Office Draw 5.Dealer, Dealer 6.Morning After The Party
7.Another Kind Of Music 8.As Long As I Have Loving 9.Autumn Leaves

10.Superstitious Guy 11You're My Girl 12.Just Like A Woman
1966年10月発表。ヴォーカルにマイク・ダボ(元バンド・オヴ・エンジェルス)、ベースにクラウス・フォアマン(ビートルズのアルバム『Revolver』のジャケット・デザインを担当)を迎え、レーベルもEMIからFontanaに移籍して初のアルバム。
 EMII時代の2枚のアルバムはブルース/ジャズの要素が非常に濃かったですが、Fontana時代はポップ・ナンバーが多く、メンバーのオリジナル作品が多いのも特徴となっています。他のバンドに先駆けてメロトロンを導入している点も注目。
マイク・ハグ(d)作の「Each Other Company」がお薦め。
CDについて
◎『As Is』((日)Universal UICY-9246)
 2003年2月5日に発売された紙ジャケット仕様の日本盤CD。モノラル/ステレオ両ヴァージョン収録。モノラルの方はシングル・カットされた「Just Like A Woman」以外はアナログ盤から起こしたものになっています。ただし、ノイズ除去されているため、フェイド・アウト以外では全く気にならないです。ステレオ・ミックスはマスターが残っていたようで、こちらは以前のベスト盤と比べると音質が向上しております。「Trouble And Tea」のモノラル版は、ステレオに入っていないフルートの音が入っているといった違いもあります。
◎『As Is』((英)Umbrella BROLLYCD 1)
 2004年10月25日に発売されたイギリス盤CDで、デジ・パック仕様。
Manfred Mann Up The Junction (1968/CD:(日)Universal UICY-9248)

1.Up The Junction(Album Version) 2.Sing Songs Of Love 3.Walking Round 4.Up The Junction 5.Love Theme
6.Up The Junction 7.Just For Me 8.Love Theme 9.Shella's Dance 10.Belgravia 11.Wailing Horn 12.I Need Your Love 13.Up The Junction
[日本盤CDボーナス・トラック]14.Eastern Street 15.Mohair Sam 16.Lovebird 17.Brown And Porter's(Meat Exporter's)
18.I Love You 19.I Think It's Gonna Rain Today 20.Budgie 21.Sitting Alone In The Sunshine 22.Please Mrs. Henry
1968年2月発表。映画"Up The Junction"のサントラ盤としてリリースされましたが、グループの作品というより、マンフレッド・マン(k)とマイク・ハグ(d,vo)の二人が中心となって製作されたもので、裏ジャケットのクレジットも"MANFRED MANN GROUP"となっています。興味深いのは全曲マイク・ハグによる作品で、1「Up The Junction」、2「Sing Songs Of Love」、3「Walking Around」7「Just For Me」ではサイケデリックなポップ・ナンバー、それ以外はいかにも映画のサントラっ感じのジャズ・タッチのインストゥルメンタル・ナンバーが収録されています。
CDについて
◎『Up The Junction』((英)rp.m RPM 189)
 1998年に発売されたイギリス盤CD。ボーナス・トラックとして
「Sleepy Hollow」を収録。また、このCDに帯・解説・歌詞・対訳を付けたものがMSIから発売されています。
◎『Up The Junction+9』((日)Universal UICY-9248)
 2003年2月5日に発売された紙ジャケット仕様の日本盤CD。ボーナス・トラックとして、編集盤CD
『Ascent Of Mann』(1997年)で発掘された未発表曲の数々が収録されています。どれもボツになるには質の高い曲ばかりですが、ランディ・ニューマン作で、ダスティ・スプリングフィールドやフランソワーズ・アルディ等も取り上げていた19「悲しい雨が」や、ボヴ・ディラン「Please Mrs. Henry」がお薦め。
◎『Up The Junction』((英)Umbrella BROLLYCD 4)
 2004年10月25日に発売されたイギリス盤CDで、デジ・パック仕様。(2006年6月3日加筆・訂正)
Manfred Mann What A Mann (1968/CD:(日)Universal UICY-9250)

1.Funniest Gig 2.Sunny 3.Get Away 4.With A Girl Like You 5.Sweet Pea 6.Wild Thing
7.Morning After The Party 8.Feeling So Good 9.One Way 10.So Long Dad
[Remaster CD Bonus Tracks]
11.I Wanna Be Rich
(Stereo Version) 12.Let It Be Me (Stereo Version)
13.Semi-detached Suburban Mr. James (Stereo Version) 14.Miss JD 15.All I Wanna Do (Stereo Version)
16.Last Train To Clarksville 17.Sunshine Superma 18.By Request - Edwin Garvey
19.Mighty Quinn
(Alternate Mix) 20.My Name Is Jack (Version 2) 21.Harry The One-Man Band (Edit Version)
1968年3月発表のコンピレーション・アルバムで、オリジナル・アルバム未収録曲を中心に収録。オリジナル・アナログ盤は疑似ステレオで収録されていたそうですが、2003年2月5日に発売された日本盤紙ジャケCDでは一部、編集盤CD『Ascent Of Mann』(1997年)に収録されたステレオ・リミックス・ヴァージョンに差し換えられています。
 EP
『Instrumental Assassination』からの曲は、当時のヒット曲をジャズ風にアレンジされていて、「Sunny」(ボビー・へブのカヴァー)の前半はストーンズ「Ruby Tuesday」みたいなアレンジになっています。トミー・ロウのカヴァー「Sweet Pea」はなんと日本盤LPのみに収録されていたというステレオ・別テイクで収録で、勿論世界初CD化。「Feeling So Good」マイク・ハグマンフレッド・マンがヴォーカルを取る珍しいパターン。
 CDのボーナス・トラックは前出の
『Ascent Of Mann』(1997年)からのステレオ・リミックスや別ヴァージョンを収録。マイク・ハグ作の「All I Wanna Do」のステレオ・ミックスや歌詞の一部が差し換えられた「My Name Is Jack」等。
Manfred Mann Mighty Garvey! (1968/CD:(日)Universal UICY-9247)

1.Happy Families (by Eddie "Fingers" Garvey) 2.No Better, No Worse 3.Each And Every Day
4.Country Dancing 5.It's So Easy Falling 6.Happy Families(shown as Ed. Garvey & The Trio)
7.Mighty Quinn 8.Big Betty 9.The Vicar's Daughter 10.Every Day Another Hair Turns Grey 11.Cubist Town
12.Ha! Ha! Said The Clown 13.Harry The One-Man Band
14.Happy Families
(by Edwin O'Garvey And His Showband)
1968年6月発表。ボヴ・ディランの(当時)未発表曲「The Mighty Quinn」(UK1位/US10位)を収録。彼らのアルバムでは最もポップで聴きやすいアルバム。  シングル・カットされた「The Mighty Quinn」「Ha! Ha! Said The Clown」(UK4位、ヤードバーズも取り上げている)以外はメンバーのオリジナル作品が収録されていて、アルバムに3回登場する「Happy Families」(マイク・ダボ作)がなんとも楽しく(コースターズ風のコーラスも出てくる)、マイク・ハグ作の「It's So Easy Falling」マイク・ダボ「No Better No Worse」等、巧みなコーラス・ワークも聞き所の一つだと思います。「Big Betty」はEMI時代を思わせるR&Bナンバー、「Each And Every Day」(マイク・ハグ作)「Cubist Town」(トム・マッギネス作)もお薦め。クラウス・フォアマンによるフルートや、マンフレッド・マンのメロトロンも、このアルバムのサウンドの大きな特徴にもなっています。
CDについて
◎『Mighty Garvey!』((日)Universal UICY-9247)
 2003年2月5日に発売された紙ジャケット仕様の日本盤CD。モノラル/ステレオ両ヴァージョン収録。
◎『Mighty Garvey!』((英)Umbrella BROLLYCD 2)
 2004年10月25日に発売されたイギリス盤CDで、デジ・パック仕様。
Manfred Mann Mannerism (1976/CD:(日)Universal UICY-9249)

1.Just Like A Woman 2.I Wanna Be Rich 3.Semi-detached Suburban Mr. James 4.Morning After The Party
5.Ha! Ha! Said The Clown 6.Feeling So Good 7.Sweet Pea 8.One Way 9.So Long Dad 10.Funniest Gig
11.Mighty Quinn 12.By Request - Edwin Garvey 13.Theme From Up The Junktion
(Edit) 14.Sleepy Hollow
15.My Name Is Jack
(Mono Single Version) 16.There Is A Man 17.Fox On The Run
18.Too Many People 19.Ragamuffin Man 20.A 'B'side 21.Let It Be Me 22.All I Wanna Do
(Mono Version)
解散から大分経った1976年7月発表。ちなみにこの頃、マンフレッド・マンズ・アース・バンド「光で目もくらみ」が全米ナンバー・ワン・ヒットになっています。
 2003年2月5日に発売された紙ジャケット仕様の日本盤CDはLPそのままの選曲ではなく、
マイク・ダボ時代の全シングルのA・B面を発売順にしてあります。勿論、オリジナル・モノラル・ヴァージョンで収録。数曲、アナログ盤から起こした曲がありますが、「Sweet Pea」以外は音質も良好です。ライナーでは全曲解説があって便利。お薦めは「The Mighty Quinn」(UK1位)と、後に日本のムーンライダーズがカヴァーした「My Name Is Jack」(UK8位)、ラスト・シングルとなった「Ragamuffin Man」(UK8位)、ボーナス・トラックとして収録された「All I Wanna Do」のオリジナル・モノラル・ヴァージョン(マイク・ハグの作品&ヴォーカル)。
CDについて
◎『Mannerism』((日)Universal UICY-9247)
 2003年2月5日に発売された紙ジャケット仕様の日本盤CD。
◎『Mighty Garvey!』((英)Umbrella BROLLYCD 3)
 2004年10月25日に発売されたイギリス盤CDで、デジ・パック仕様。
Manfred Mann (1)

トップへ戻る Part 2
inserted by FC2 system