The Hollies : Original Albums (1973-2013)
作 成:2004年1月26日/更 新:2017年5月17日
◎オリジナル・ アルバムの中から1973年以降の作品をご紹介。なお掲載から年月を経たものも多く、その他追加情報は下記のページでも取り上げています。

http://benice.blog.fc2.com/blog-category-21.html
Out On The Road (1973)

1. Out On The Road
2. A Better Place
3. They Don't Realise I'm Down
4. The Last Wind
5. Mr.Heartbreaker
6. I Was Born A Man
7. Slow Down-Go Down
8. Don't Leave This Child Alone
9. Nearer To You
10. Pick Up The Pieces
11. Transatlantic Westbound Jet
[2006年フ ランスMagic盤CDボーナス・トラック]
12. The Baby (Single A-Side)
13. Oh Granny (Single B-Side)
14. Magic Woman Touch (Acoustic Version)
15. Indian Girl
(Single B-Side)
16. If It Wasn't For The Reason That I Love You
17. I Had A Dream
(Single B-Side)
18. Mexico Gold
Tony Hicks (lead g,vo)/Bernie Calvert (b,k)/Bobby Elliott (d)/Terry Sylvester (g,vo)/Micael Rickforse (vo,g)
Micael Rickfors参 加後2枚目のアルバム(1973年発表)…のはずが、英米での発表は見送られ、ドイツでリリースされ ています。前作同様に70年代前半のアメリカン・ロック寄りのサウンドが中心。次回作に改めて収録される事になる軽快なロックン・ロール1Out On The Road、Bobby Elliottのオリジナル11Transatlantic Westbound Jet、バラード の10Pick Up The Piecesのオリジナル・ヴァージョンも収録。
[各種CD]
『Out On The Road』((フランス盤)Magic 3930593/2006年)
 フランスのレーベル・Magicから発売されたCD。
パッケージはデジ・パック仕様(いわゆる"紙ジャケ"とは似て非なる別物)。現時点でアルバム単体のCDはこれのみですが、アナログ盤から音を起こしノイズ除去を施したものが収録されています。ボーナス・トラックに同時期のアウトテイクやシングル曲を追加。

『Changin Times (The Complete Hollies - January 1969-March 1973)』
((EU盤)Parlophone/2014年)
 2014年にイギリスのParlophoneから発売されたCD5枚組編集盤。曲順通りではないものの、『Out On The Road』全収録曲が2014年リマス ター音源で収録されています。

(掲載:2014年7月3日/更新:2017年2月7日)
Hollies (安らぎの世界へ) (1974.3)

1. Falling Calling
2.
Down On The Run
3. Don't Let Me Down
4.
Love Makes The World Go Round
5.
The Day That Curly Billy Shot Down Crazy Sam McGee
6.
It's A Shame, It's A Game
7. Rubber Lucy
8.
Pick Up The Pieces Again (Version 2)
9. Transatlantic Westbound Jet (Version 2)
10. Out On The Road (Version 2)
11. The Air That I Breathe
[2008年イ ギリス盤ボーナス・トラック]
12. Mexico Gold
13. Tip Of The Iceberg
14. Burn Fire Burn
15. Born A Man
(Single B-Side)
16. No More Riders (Single B-Side)
Allan Clarke (vo,harp)/Tony Hicks (lead g,vo)/Bernie Calvert (b,k)/Bobby Elliott (d)/Terry Sylvester (g,vo)
アラン・クラーク復帰後初のアル バム(英38位)で、 5「The Day That Curly Billy Shot Down Crazy Sam McGee」(英24位)と11「The Air That I Breathe(安らぎの世界へ)」(英2位/米6位)のヒットが生まれています。このアルバムも同時代的なアメリカン・ロック的なサウンドで、英米未発売のアルバム『Out On The Road』収録曲(8,9,10)は新ヴァージョンで再収録。
[別ヴァージョン/ミックス]
Pick Up The Pieces Again
 2つのヴァージョンがあり、『Out On The Road』(1973年)版がオリジナル。『Hollies』収録に際し、タイトルに"Again"が付け足されたほか、ベースが新たな演奏に差し替えられている。

Out On The Road
 2つのテイクがあり、オリジナルの『Out On The Road』(1973年)版ではMicael Rickforsがリード・ヴォーカル。『Hollies』収録に際し再録音され、Allan Clarkeがリード・ヴォーカルのほか、アレンジも若干変更されている。

Transatlantic Westbound Jet
 2つのテイクがあり、オリジナルの『Out On The Road』(1973年)版ではMicael Rickforsがリード・ヴォーカルのほか、イントロはアコースティック・ギター、間奏でハーモニカが入る。曲後半はピアノを中心にインスト・パートが続く。『Hollies』収録に際し再録音され、リード・ヴォーカルがAllan Clarkeに替わり、イントロはエフェクトの掛かったシンバル音、演奏部分では管楽器やエレクトリック・ピアノが目立つ。間奏はハーモニカが消え、ギター・ソロに変更。

[各種CD]
『Four More HOLLIES Originals』((イギリス盤)EMI 7243 8 37061 2 9/1996年)
 1996年にイギリスのEMIが、
『Romany』 『Hollies』『Write On』『A Crazy Steal』の4枚のアルバムをセット にして発売。ただし 『Hollies』はアメリカ盤の曲順で収録(1→6→3→10→11→7→9→8→2→4→5)

『Hollies 1974』
((フランス盤)Magic 4975772/1999年)
 フランスのレーベル・Magicから1999年1月14日に
発売されたCDで、HDCDリマスター、パッケージはデジ・パック仕様(いわゆる"紙ジャケ"とは似て非なる別物)。オリジナル・アルバム部分 (1〜11)はアメリカ盤の曲順で収録。ボーナス・トラックとして12Born A Man13No More Riders14Son Of A Rotten Gambler15「Layin' To The Music」16Out On The Road (Original Version)17Mr.Heartbreaker18Slow Down-Go Down19Transatlantic Westbound Jet (Original Version)20Mexico Gold21Tip Of The Iceberg収録(16,17,18,19はアルバム『Out Of The Road』より)。

『Hollies』
((イギリス盤)EMI /2008年)
 2008年に発売されたイギリス盤CD。ボーナス・トラックとして同時期に録音されたシングルB面曲(15,16)、アウトテイク(12,13,14) を収録。


[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3
(掲載:2014年7月3日/更新:2017年5月17日)
Another Night (1975.2)

1. Another Night
2. 4th July, Asbury Park (Sandy)
3. Lonely Hobo Lullaby
4. Second Hand Hang-Ups
5. Time Machine Jive
6. I'm Down
7. Look Out Johnny (There's A Monkey On Your Back)
8. Give Me Time
9. You Gave Me Life (With That Look In Your Eyes)
10. Lucy
[2008年イ ギリス盤CDボーナス・トラック]
11. Son Of A Rotten Gambler (Single A-Side)
12. Layin' To The Music (Single B-Side)
13. Come Down To The Shore
14. Hello Lady Goodbye
(Single B-Side)
15. Another Night (Live)
16. 4th July, Asbury Park (Sandy)
(Live)
17. I'm Down
(Live)
Allan Clarke (vo,harp)/Tony Hicks (lead g,banjo,vo)/Bernie Calvert (b,k)/Bobby Elliott (d)/Terry Sylvester (g,vo)
Additional : Alan Parsons (Moog)/Tony Hymas (Piano)
1975年2月発表のアルバム。 ほぼ全曲メンバーのオリジナルで占 められ、ジャケット・サウンド共にアメリカを意識したものに。唯一のカヴァー曲Bruce Springsteenの24th July, Asbury Park (Sandy)がシングル・カットされ全米第85位にランク・イン。タイトル曲1Another Nightは後にウィルソン・ブラザーズ(Wilson Bros.)がアルバム『Another Night』(1979年)でカヴァー。
[配 信版]
iTunes Music Store  mora Amazon MP3
(掲載:2014年7月3日)
Write On (1976.1)

1. Star
2. Write On
3. Sweet Country Calling
4. Love Is The Thing
5. I Won't Move Over
6. Narida
7. Stranger
8. Crocodile Woman (She Bites)
9. My Island
10. There's Always Goodbye
[1999年フ ランスMagic盤CDボーナス・トラック]
11. Boulder To Birmingham
12. Samuel
13. Star
(Live)
14. My Island
(Live)
15. Born To Run/Allan Clarke (Solo)
1976年1月発表のアルバム で、1曲を除きAllan Crake/Tony Hicks/Terry Sylvesterのオリジナル曲。"Take It Easy"調の3Sweet Country Calling、スペイシーなバラード4Love Is The Thing、レゲェ調の5I Won't Move Over、ラテン調の6Narida、穏やかな9My Islandなど、良くも悪くも70年代半ばのシーンを反映したサウンド。1「Star」ではロッド・アージェント(The Zombies)がゲスト参加しシンセサイザーを演奏。唯一のカヴァー曲10There's Always GoodbyeはRandy Richardsの作品で、フランキー・ヴァリも『Lady Put the Light Out』(1977年)で取り上げていた曲。
[各種CD]
『Four More HOLLIES Originals』((イギリス盤)EMI 7243 8 37061 2 9/1996年)
 1996年にイギリスのEMIが
『Romany』 『Hollies』『Write On』『A Crazy Steal』の4枚のアルバムをセット で発売。
[配 信版]
iTunes Music Store mora
 配信版はオリジナル・アルバム通り全10曲収録。 (掲 載:2004年1月23日)
Russian Roulette (1976.12)

1. Wiggle That Wotsit
2. 48 Hour Parole
3. Thanks For the Memories
4. My Love
5. Lady of the Night
6. Russian Roulette
7. Draggin' My Heels
8. Louise
9. Be With You
10. Daddy Don't Mind
[2006年フ ランスMagic盤CDボーナス・トラック]
11. C'mon (Single B-Side)
12. Corinne (Single B-Side)
13. Here In My Dreams
14.
Draggin' My Heels (Special Disco Mix)
1976年12月発表のアルバ ム。全曲Allan Crake/Tony Hicks/Terry Sylvesterのオリジナルで、クラヴィネットが鳴り響く1Wiggle That Wotsit6Russian Roulette、ディスコを意識した7Draggin' My Heels10Daddy Don't Mindといったダンス寄りな曲もあれば、Hard Rock調の248 Hour Parole、Pub Rockな8Louise、AORの3Thanks For the Memories5Lady of the Nightなど、1976年の空気を感じさせる、PUNK/NEW WAVE前夜の音楽シーンを集約したサウンド。
[各 種CD]
『Russian Roulette』((フランス盤)Magic 3930619/2006年)
 2006年にフランスのレーベル・Magicから発売されたCDで、パッケージはデジ・パック仕様(いわゆる"紙ジャ ケ"とは似て非なる別物)。オリジナル・アルバム部分(1〜10)に、ボーナス・トラックとしてシングルやアウトテイクなど4曲を収録(13は『Rarities』で初出)。14Draggin' My Heels (Special Disco Mix)はアメリカEpicが制作したホリーズ初の12インチ・シングル収録のディスコ・ヴァージョンで、編集で6分台まで引き伸ばされています。このCD以外に収録されたものがあるかは不明。(掲載:2014年7月3日)
Hollies Live Hits (1976)
Live Hits
1. I Can't Let Go
2. Just One Look
3. I Can't Tell The Bottom From The Top
4. Bus Stop
5. Another Night
6. Sandy (4th July, Asbury Park)
7. Star
8. My Island
9. I'm Down
10. Stop Stop Stop
11. Long Cool Woman (In A Black Dress)
12. Carrie Anne
13. The Air That I Breathe
14. Too Young To Be Married
15. He Ain't Heavy,He's My Brother
1976年に発表された初のライヴ・アルバム(註:ヨーロッパ圏では1976年、イギリスでは1977年3月発表)。1976年1月 にニュージーランドで収録され、同国でヒットした14Too Young To Be Married や、『Another Night』からの5,6,9、当時発売直後の『Write On』から7,8も含まれた新旧レパートリーを織り交ぜた内容。70年代のナンバーも中々いい感じですが、ヒット曲のライヴ・ヴァージョンが聴けるとありイギリスでは 第4位のヒットを記録。
[各 種CD]
『Hollies Live・He Ain't Heavy,He's My Brother((ドイツ盤)Polydor 837 291-2/198?年)
 80年代に旧西ドイツ・Polydorから発売されたCDで、ジャケット・タイトル共にイギリス盤とは異なります(上記画像はそのPolydor盤より)。
『The Long Road Home 1963-2003』((EU盤)EMI 07243-584856-2-2/2003年)
 2003年発表の6枚組ボックス・セットにリマスターされ全曲収録。(掲 載:2017年2月7日/更新:2017年3月31日)
A Crazy Steal (1978.3)

1. Writing on the Wall
2. What Am I Gonna Do
3. Let It Pour
4. Burn Out
5. Hello To Romance
6. Amnesty
7. Caracas
8. Boulder to Birmingham
9. Clown Service
10. Feet On the Ground
1978年3月発表のアルバム。 にし てもこのジャケットは一体…ドリン ク・バー?(笑)。アルバム・タイトルは5Hello To Romanceの一節から。軽快なビートの 4Burn Out、エミルー・ハリスのカヴァー8Boulder to Birmingham、編集盤に時々さりげなく収録される3Let It Pourジャジーなイントロの7Caracasな ど、サックスのソロや時代を感じさせるストリング・シンセ、ピアノで味付けされたサウンドが印象 的。AORものとして聴くには悪くはないアルバム。
[各種CD]
『Four More HOLLIES Originals』((イギリス盤)EMI 7243 8 37061 2 9/1996年)
 1996年にイギリスのEMIが
『Romany』 『Hollies』『Write On』『A Crazy Steal』の4枚のアルバムをセット にして発売。
[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3
(掲載:2014年7月3日)
Five Three One-Double Seven O Four (5317704) (1979.3)

1. Say It Ain't So, Jo
2. Maybe It's Dawn
3. Song Of the Sun
4. Harlequin
5. When I'm Yours
6. Something To Live For
7. Stormy Waters
8. Boys in the Band
9. Satellite Three
10. It's In Everyone Of Us
前作『A Crazy Steal』の不振をよそに、往年のヒットを集めたベスト盤『20 Golden Greats』(1978年7月)が全英第2位の大ヒット。一時代を築いたキャリア組を世間がどう思っていたかがセールス面でも表面化することに。さらにはAllan Clarkeがソロ活動のため再び離脱。この時は『I Wan't Born Yesterday』を発表し短期間でバンド復帰。
 そして1979年3月に発表されたのがこのアルバム。 電卓に宇宙・・・という不思議なジャケットは、恐らく『STAR WARS』の影響でスペイシーなものが流行っていたのでこうなったのかも(ガンダムもこの年だったし、この頃"宇宙もの"をよく見かけた覚えがある)。 Ron Richardsが再びプロデューサーとして招かれ、4名のキーボード奏者が参加。
9Satellite Threeを除く全曲がカヴァー及 び提供曲によって構成され、70年代後半の雰囲気濃厚なAORサウンド。1,5はMurray Headの曲で、1Say It Ain't So, Joはロジャー・ダルトリーもソロで取り上げていた曲。4Harlequinはゲイリー・ブルッカー(Procol Harum)の曲で、後半から彼の声が聞こえる。
[各種CD]
『five three one-double seven O four』((フランス盤)Magic 3930621/2006年)
 2006年にフランスのレーベル・Magicから発売されたCDで、パッケージはデジ・パック仕様(いわゆる"紙ジャ ケ"とは似て非なる別物)。オリジナル・アルバム部分(1〜10)に、ボーナス・トラックとして11「Sanctuary」12Lovin' You Ain't Easy13Soldier's Song14「Can't Lie No Moreの4曲を収録

『531-7704』((日本盤)Vivid Sound VSCD-4747/2007年)
 2007年7月11日に日本のVivid Soundから発売されたもので、フランスのMagic盤に帯・解説・歌詞カードをつけた輸入国内盤仕様。解説書では各曲の作曲者について詳細に記されて います。
(掲 載:2014年7月3日)
Buddy Holly (1980.10)
Buddy Holly
1. Peggy Sue
2. Wishing
3. Love's Made A Fool Of You
4. Take Your Time
(1980 Version)
5. Heartbeat
6. Tell Me How
7. Think It Over
8. Maybe Baby
9. Midnight Shift
10. I'm Gonna Love You Too
11. Peggy Sue Got Married
12. What To Do
13. That'll Be The Day
14. It Doesn't Matter Anymore
15. Everyday
16. Reprise
[2007年イ ギリス盤CDボーナス・トラック]
17. Take Your Time (from"Would You Believe"1966)
18. Peggy Sue Got Married
/Buddy Holly & The Hollies
1980年10月発表のアルバム で、彼らのツールの一つ・Buddy Hollyの曲を取り上げたカヴァー・アルバム。シンセ・ポップ、AOR、レゲェなど多彩なアレンジで聞かせる。

[各 種CD]
『Buddy Holly』
((イギリス盤)EMI 0946 3 94718 2 9/2007年)
 2007年にイギリスのEMIから発売されたCD。ボーナス・トラックの17
Take Your Time『Would You Believe?』(1966年)より。 18Peggy Sue Got Married」はBuddy Hollyのトリビュート・アルバム『ノッ ト・フェイド・アウェイ〜バディ・ホリーに捧ぐ』 (1996年)で発表された音源で、1995年9月に本人の音源を元に、Graham Nashを含むホリーズがバッキング・トラックとコーラスを加えヴァーチャル共演。Tony Hicksのギター・ソロも聴きどころ。ブックレットには各曲の解説、レコーディング・データなどを掲載。
[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3
 CDのボーナス・トラックから18をカットした全17曲入り。
(掲 載:2014年7月3日)
What Goes Around... (1983.7)

1. Casualty
2. Take My Love And Run
(Album Version)
3. Say You'll Be Mine
4. Something Ain't Right
5. If The Lights Go Out
(Album Version)
6. Stop In The Name Of Love
7. I Got What I Want
8. Just One Look
(1983 Version)
9. Someone Else'e Eyes
10. Having A Good Time
[2003年フ ランスMagic盤CDボーナス・トラック]
11. Musical Pictures (Single B-Side)
12. Baby Come Back (Single Version)
13. Baby Come Back
(Long Version)
14. Hillsborough
(Single B-Side)
15. Take My Love And Run (1st Version)
16. Driver
(Single B-Side)
17. If The Lights Go Out (1st Version)
18. Carrie (Single B-Side)
19. Let Her Go Down
(Single B-Side)
Allan Clarke (vo)/Tony Hicks (lead g,vo)/Bobby Elliott (d)/Graham Nash (g,vo)
1981年にTerry SylvesterBernie Calvertが相次ぎ脱退。その 直後に当時のメドレー・ブームで「Holliedaze」が 全英28位のヒットし、テレビ出演のためGraham NashとEric Haydockが再集結する出来事も。そうした流れの後1983年7月に発表 されたのが本作。曲はカヴァーの6,8以外は外部ライターの曲で、80年代的なシンセ・サウンドが好みの分かれるところですが、往年のヴォーカル・ハーモ ニーは健在。本作からThe SupremesのカヴァーStop In The Name Of Loveがシングル・カット。

 ちなみに10
Having A Good Time」の作者の一人・Stephen Kipnerってどこかで名前を聞いた事があるなぁ…と調べたら、「Toast And Marmalade For Tea」(1970年)で知られるTin Tinの出身で、知る人ぞ知るThe Fut「Have You Heard The Word」の 演奏メンバーだった…(笑)。松田聖子の「Dancing Shoes」(1985年)も同じくPaul BlissとStephen Kipnerの作品…と、余談の方が長くなるという(汗)。このアルバム以降、Grahan Nashは再び離脱。ホリーズはシングルを数枚発表しながら、ツアー・メンバーを迎えてライヴ中心の活動へとシフトします。

[各 種CD]
『What Goes Around...』((フランス盤)Magic 3930370/2006年)
 2006年にフランスのレーベル・Magicから発売されたCDで、パッケージはデジ・パック仕様(いわゆる"紙ジャ ケ"とは似て非なる別物)。1〜10がオリ ジナル・アルバム。ボーナス・トラックはすべて80年代に発表された曲で、11Musical Picturesは6のB面曲。12,13Baby Come BackはAllan ClarkeとTony Hicksの共作で、1989年にドイツで発表されたシングルA面曲(46位)。14Hillsborough」はそのB面で、Tony Hicksがヴォーカル。15Take My Love And Runは2とは別テイクで、 1981年11月にシングルで発表されたテイク。16DriverはそのB面で、珍しいギ ター・インスト。

 17
If The Lights Go Outも5とは別テイクで、Terry SylvesterBernie Calvert在籍時の1980年2月録音。ベスト盤『All The Hits & More』(1988 年)で初出。18Carrieは1981年7月録音で、1988年に「兄弟の誓い」再発盤シングル (英1位)のB面及びアルバム『Rarities』で発 表。1983年録音の17Let Her Go Downはニュージーランドのみで発表されたシングルB面曲。ドイツやニュー ジーランドのリリースを時々見かけるのは、英米に続いて人気が高く、チャート・イン数も多かったからと思われます。このうち15,17,18,19はボッ クス『The Long Road Home 1963-2003』(2003 年)、15,17,19がベスト盤『50 At Fifty』(2014 年)にも収録。(掲 載:2014年7月3日/更新:2017年2月6日)
Staying Power (2006.3.29./CCCD:(日本盤)EMI Music Japan TOCP-67909)

1. Hope
2. So Damn Beautiful
3. Prove Me Wrong
4. Break Me
5. Shine On Me
6. Suspended Animation
7. Too Much Too Soon
8. Touch Me
9. Emotions
10. Weakness
11. Live It Up
12. Yersterday's Gone
13. Let Love Pass
Tony Hicks (g,vo)Bobby Elliott (d)Ian Parker (k,vo)Steve Lauri (g,vo)Ray Stiles (b,vo)Peter Howarth (vo,g)
80年代以降、し ばらくシングルやベスト盤のリリースが続いたのち、1999年にAllan Clarkeが引退を発表。バンド黎明期からのメンバー不在となったホリーズは、後任にCarl Wayne(The Move)をヴォーカリストに迎えますが、惜しくも2004年に他界。そうした中で2006年、実に23年振りとなるオリジナル・アルバムを発表。90年 代以降に参加したメンバーを中心に制作されたアルバムは、編成こそ替わったものの、3声ハーモニーや全盛期メンバー2人のプレイなどスタイルは一貫して健在振りを示しています。
 ちなみに日本盤は当時物議を醸したCCCDなのが惜しいですが、ボーナス・トラックで7
Too Much Too Soonが追加収録。60年代日本盤 LPを彷彿とさせる帯のデザインや詳細な解説書など、こだわりを感じさせるものに。
[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3
 配信版は日本盤同様に全13曲収録。
(掲載:2004年1月28日/更新:2017年2月6日)
Then Now & Always (2010.10.4.)

1. Then, Now, Always (Dolphin Days)
2. If You See Her
3. One Touch
4. Passengers
5. I Would Fly
6. Coming Home
7. I Lied
8. One Way Ticket
9. Too Much Too Soon
10. Unforgivable
11. Hearts Don't Lie
12. She'd Kill For Me
[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3 (掲 載:2014年7月3日)
Hollies Live Hits - We Got the Tunes! (2013.3.18.)

1. The Day That Curly Billy Shot Down Crazy Sam McGee
2. I Can't Let Go
3. Jennifer Eccles
4. Yes I Will
5. On a Carousel
6. Then, Now, Always (Dolphin Days)
7. 4th July, Asbury Park (Sandy)
8. King Midas in Reverse
9. Look Through Any Window
10. Very Last Day
11. Emotions
12. The Baby
13. Bus Stop
14. Sorry Suzanne
15. Stewball
16. I Can't Tell the Bottom from the Top
17. Weakness
18. Just One Look
19. Stay
20. Long Cool Woman in a Black Dress
21. Carrie Anne
22. Stop Stop Stop
23. He Ain't Heavy, He's My Brother
24. The Air That I Breathe
2013年発表のライヴ・ア ルバム。現在の編成で新旧のレパートリーを演奏。全24曲収録。
[配 信版]
iTunes Music Store Amazon MP3  (掲載:2017年2月6日)
web拍手 by FC2 目次へ戻る
inserted by FC2 system